Home > スポンサー広告 > 「Put it in its Place - Enhanced Grabbing」掴みシステムをよりリアルにするMOD

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

行き当たりばったり URL 2010-06-07 (月) 13:51

物を掴んだだけで犯罪者扱いされる理不尽な世界は嫌なんで「Put it in its Place - Enhanced Grabbing v0.5」を導入したんですが動作しません。
v0.5からはCobl Optionは使用しなくなり完全にINIで管理されているので設定がよく分かりませんでした。そこで日本語化INI(http://www.4shared.com/get/286130520/f227af05/PiiiP_-_Enhanced_Grabbing_05in.html)を参考に設定を変えたのですがまったく動きません。一応画面上にはINIを読み込んだ事を示すメッセージは出ているのですが物を掴むと「強盗だぁ!」「スタァーーーップ」のコンボ
導入するに当たり注意点とかありますか?

Airscape URL 2010-06-09 (水) 23:01

行き当たりばったりさんこんにちは。
このMODはインストールすれば特にini設定をしなくても、物を掴んだだけではガードを呼ばれなくなるので、うまく導入できていないのかもしれませんね。
OBSEのバージョンはどうでしょうか?特にReadmeにOBSEのバージョン指定はなかったのですが、最新版のv18でないと動かなくなっているかもしれません。

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://oblivionclarity.blog21.fc2.com/tb.php/86-a0fb5acf
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from Oblivion Clarity

Home > スポンサー広告 > 「Put it in its Place - Enhanced Grabbing」掴みシステムをよりリアルにするMOD

Home > MOD紹介 > 「Put it in its Place - Enhanced Grabbing」掴みシステムをよりリアルにするMOD

「Put it in its Place - Enhanced Grabbing」掴みシステムをよりリアルにするMOD

店内での移動時にお店のアイテムに当たって動かしてしまい、元に戻そうとアイテムを掴んだ途端、店のNPCに泥棒!と言われた経験が何度かあるかと思います。

今回紹介する「Put it in its Place - Enhanced Grabbing」(略称PiiiP)は、「掴み」システムをよりリアルにし、掴んだだけで犯罪にならなくなるMODです。要OBSE。

通常版とSilent Voice版がありますが、通常版はNPCのリアクションに音声が付き、Silent Voice版は音声が無く字幕のみになります。

[注:この解説はv4時のものです。v5とは違う点が場合があるかもしれないことをご了承ください]

掴みによる犯罪システム(Crime Handling)


アイテムの所有権があるNPCの前でアイテムを掴んで移動させても、その所有者であるNPCの目の届く範囲内でなら犯罪にならずガードを呼ばれなくなります。

PiiiP 1
アイテムの所有権があるNPCの前でなら掴んでも犯罪になりません。

しかしアイテムを掴んだままNPCの目の届かない場所まで移動して一定時間経つと、NPCはアイテムを盗まれたんじゃないかとパニックモードになりプレイヤーを探し始めます。

もしそのままプレイヤーが見つからなかったり、戻ったプレイヤーのインベントリに盗んだアイテムがあった場合は、盗まれたと判断して懸賞金が付きGuardを呼びます。

PiiiP 2
アイテムを掴んだまま見えない場所にいったプレイヤーを探し始めます。
パニックモードになったNPCがプレイヤーを見つけられなかった時の挙動はNPCのIntelligenceによって変わります。

・Intelligenceが高いNPCはまず消えたアイテムを探し、それが見つからないとガードを呼びます。
・Intelligenceが低いNPCは自分が欺かれたと思い、アイテムの捜索をせずにガードを呼びます。

掴んだアイテムの価値が高いと、ガードを呼ばれる前にプレイヤーが姿を現しても注意人物と認識し、そのCellを出るまでずっと監視するようになります。

NPCはアイテムを探す際にたまに間違いを犯すことがあります。アイテムがCellから無くなっているのにまだあると勘違いすることもあれば、アイテムを見つけられなかったりいい加減なNPCは、Cellにアイテムが存在しているのに盗まれたとガードを呼ぶこともあります。

また掴んだアイテムを同タイプの物と素早く交換して、NPCを騙せるわずかな可能性があります。プレイヤーのLuckが高いほど気付かれない確率が上がります。
(とReadmeには書いてあったのですが、詳しいやり方が書いてなかったので具体的な方法が今いちわかりませんでした。たぶんNPCの見えない場所に予めすり替えるアイテムを置いておいて、そこに盗みたいアイテムを持って行ってインベントリに入れると同時に置いておいたアイテムを掴むんじゃないかと思いますが…。もし今後やり方がわかったら追記しておこうと思います)

既存の問題点


狭い店内で隠れやすくするためか、ちょっとした暗がりでも見失ったことになるようです。この不自然さはReal Lightsと併用するとだいぶ解消されました。
また一度NPCが見失ってから暗がりでSneakなどをしていると、目の前にいるのにNPCがこちらを見つけられない場合があります。

アイテムの移動による友好度の変化(Elevation perks)


アイテムを掴んで投げたり落とすと、それを目撃した所有者NPCの好感度が下がます。逆にアイテムを棚の上に戻してあげると好感度が上がります。具体的には以下の動作で友好度が上下します。

・地面のアイテムを掴んで地面に落とすと友好度が低下。
・地面のアイテムを掴んで高い場所に置くと友好度が上昇。
・高い場所のアイテムを掴んで地面に落とすと友好度が低下。

友好度の低下数はアイテムの価格によって変わりますが、友好度の上昇数は常に1です。

アイテムの整頓(Neatnik NPCs)


プレイヤーが落としたアイテムをNPCが元の場所に戻そうとします。

PiiiP 3
掴みでアイテムを落としたり元の場所から大きく移動させると、NPCが拾いにいきます。

またアイテムをいくつも放り投げたりして荒らすと、犯罪として懸賞金が付きGuardを呼ばれます。

PiiiP 5
お店を荒らすと懸賞金が付きガードを呼ばれます。

店からの追い出し(Player Push Over)


店を荒らすほどで投げ散らかさなくとも、何度もNPCにアイテムに拾わせるのを繰り返すとNPCはイライラしだし、限界に達するとプレイヤーに出て行け!と言ってきます。NPCの好感度が低いほど早くイライラし出します。

PiiiP Player Push Over 1
指を突き出し「出て行きな!」と言ってきます。

もし警告されても居座り続けた場合、無理矢理外に叩き出されガードを呼ばれます。

PiiiP Player Push Over 2
ドン!

もしプレイヤーのStrengthがNPCより高い場合は、NPCは自分で追い出すことはせず、外に出てガードを呼びにいきます。

アイテムを落とした音で注意を引く(Noise Maker)


重さが2以上あるアイテムを落とすと、落下音が届く範囲内にいるNPC・クリーチャー(以下合わせてアクターと表記)が警戒態勢に入ります。アクターはまず物音の原因であるアイテムを探した後、それを落とした原因であるプレイヤーを探し回ります。

これを利用して、NPCが大勢いる場所から物音を聞いたNPCだけをおびき出して倒したり、通りたい場所にいるNPCを別の場所におびき出して横を抜けたりなどが出来ます。

ただし落下音を聞き逃す場合もあるので、アイテムを落としても確実に警戒態勢に入るわけではありません。

物音を聞いたNPCの挙動は内部パラメーターのConfidence(度胸)で変わり、低いNPCは警戒するだけで怖がって探すことはせず、高いNPCはその原因を探し始めます。Confidenceが高いほど広範囲に探し回ります。

クリーチャーの場合は、Intelligenceが40以上あるクリーチャーのみ探すという行為を行います。

NPCは周りが暗いと松明や明かり魔法を使って周囲を照らしつつ捜索します。

PiiiP Noise Maker
周りが暗いとNPCは光源を使います。暗闇に隠れている場合はその明かりで見つからないように注意してください。

Responsibility(責任感)の低いアクターは、捜索を止めた後に落とされたアイテムの所へ行って自分の懐に入れてしまいます。

プレイヤーを発見した時のアクターの反応


捜索でプレイヤーを発見した時のアクターの反応は、Confidenceとプレイヤーの状態で変わります。

▼一般のNPCに見つかった場合
+プレイヤーがSneakしつつ武器を構えていると…
Confidenceが高いNPC:自分を殺そうとしていると思い、プレイヤーを攻撃してきます。降伏することは可能です。
Confidenceが低いNPC:逃げ出してガードを呼びます。

+プレイヤーがSneakをせず武器を構えていると…
Confidenceが高いNPC:なにしてんだ!とプレイヤーを罵ってきます。
Confidenceが低いNPC:逃げ出します。

+プレイヤーが武器を構えずにSneakしていると…
Confidenceが高いNPC:泥棒にやってきたと思い、ガードを呼びます。NPCによってはこちらを突き飛ばしてくる場合もあります。
Confidenceが高いNPC:逃げ出してガードを呼びます。

+プレイヤーが武器を構えずにSneakもしていないと…
Confidenceが高いNPC:悪ふざけしないでね、という感じであまり気にしません。
Confidenceが低いNPC:びっくりさせるなよ!とプレイヤーを罵ってきます。

▼敵対的なNPCの場合
プレイヤーを発見すると常に攻撃してきます。

▼ガードの場合
懸賞金が付けられます(自分の環境ではガードは物音に反応しませんでした)

▼クリーチャーに見つかった場合
Confidenceが高いクリーチャー:プレイヤーを攻撃してきます。
Confidenceが低いクリーチャー:プレイヤーから逃げ出します。

その他の機能


これらの機能はデフォルトでONになっているので、使いづらい場合は設定画面の「Grebbing Core」からOFFにしてください。

・Grabキーの切り替え(Toggle-able Grab)
 Grabキーを押すごとに掴み・放しを切り替えることが出来ます。Fallout 3でもこの方法が使われています。

・自動放り投げ(Auto Flinger)
 アイテムを掴んだ状態で勢いよく振ると自動で放り投げられます。誤爆で投げてしまいやすいので、使いづらければOFFにしたほうがいいでしょう。

・自動アイテム落とし(Item Auto-Dropper)
 防御キーを押しながらGrabキーを押すと、最後に拾ったアイテムを地面に落とします。対象になるアイテムは武器・防具・連金器具・本・Misc品です。

設定画面


[注:最新版のv5ではゲーム中の設定画面はなくなり、iniファイルから設定を変更するようになりました]

アイテムのMisc欄に追加されたアイテム「PiiiP : Enhanced Grabbing」をクリックすると設定画面が表示されます。Coblを使っている場合はCobl Optionメニューにあります。各機能は「+」でON、「-」でOFFになります。

ゲーム中の設定以外にもdataフォルダにある「Enhanced Grabbing.ini」で細かい設定が行えます。

PiiiP Noise Menu


「Crime Handling」は掴み犯罪システムのON/OFFです。OFFにするとアイテムを掴んだままNPCの目の届かない場所にいっても探されたりGuardを呼ばれなくなります。SHIFTを押しながらだとサブメニューが表示され、プレイヤーを見失ってNPCがパニックモードに入るまでの時間を設定できます。

「Elevation Perks」はアイテムを落とした時のNPCの友好度変化のON/OFFです。OFFにするとアイテムを掴んで落としてもNPCの友好度が下がりません。SHIFTを押しながらだとサブメニューが表示され、NPCのセリフの表示設定ができます。

「Neatlik NPC」は地面に落ちたアイテムをNPCが元に戻すかの設定です。「Elevation Perks」もONになっていないと機能しません。サブメニューではプレイヤーを店から追い出すか、プレイヤーのStrengthが高いと逃げ出すかのON/OFFが出来ます。

「Noise Maker」はアイテムの落下音でアクターが警戒体勢になるかの設定です。サブメニューではプレイヤーを探すガード・アクターの最大数、クリーチャーも警戒するか、アクターが落ちたアイテムを拾うかの設定です。

「Grabbing Core」では、Toggle-able Grab、Auto Flinger、Item Auto-DropperのON/OFF。NPCの反応時の字幕の強制、ini設定を起動時に読み込むか、iniの設定を今読み込むかなどが行えます。

「Debug Mode」はコンソールコマンド「tdt」ON時に、デバッグメッセージを表示する機能です。モードは1~4あり、それぞれ表示される情報が違います。詳しい違いはReadmeを参照してください。もしそれぞれのモードのメッセージだけを表示したい場合はFキーを押しながら選択してください。

「Mod Status」はMOD全体の機能のON/OFFです。

v0.3からのアップデート


v0.3からv0.4にアップデートする場合は、一度v0.3をアンインストールしてからゲームを起動してセーブし、その後v0.4をインストールしてください。

Comments:2

行き当たりばったり URL 2010-06-07 (月) 13:51

物を掴んだだけで犯罪者扱いされる理不尽な世界は嫌なんで「Put it in its Place - Enhanced Grabbing v0.5」を導入したんですが動作しません。
v0.5からはCobl Optionは使用しなくなり完全にINIで管理されているので設定がよく分かりませんでした。そこで日本語化INI(http://www.4shared.com/get/286130520/f227af05/PiiiP_-_Enhanced_Grabbing_05in.html)を参考に設定を変えたのですがまったく動きません。一応画面上にはINIを読み込んだ事を示すメッセージは出ているのですが物を掴むと「強盗だぁ!」「スタァーーーップ」のコンボ
導入するに当たり注意点とかありますか?

Airscape URL 2010-06-09 (水) 23:01

行き当たりばったりさんこんにちは。
このMODはインストールすれば特にini設定をしなくても、物を掴んだだけではガードを呼ばれなくなるので、うまく導入できていないのかもしれませんね。
OBSEのバージョンはどうでしょうか?特にReadmeにOBSEのバージョン指定はなかったのですが、最新版のv18でないと動かなくなっているかもしれません。

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://oblivionclarity.blog21.fc2.com/tb.php/86-a0fb5acf
Listed below are links to weblogs that reference
「Put it in its Place - Enhanced Grabbing」掴みシステムをよりリアルにするMOD from Oblivion Clarity

Home > MOD紹介 > 「Put it in its Place - Enhanced Grabbing」掴みシステムをよりリアルにするMOD

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Linkについて

トップ・各ページへのリンクはご自由にどうぞ。

Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。