Home > スポンサー広告 > Respawn時間分の待機でCTD要因を取り除く

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

el URL 2009-03-04 (水) 05:06

管理人様こんにちは。

私の場合結構頻繁にMOD構成を組み替えてるので、ほぼこれに近い対処をしょっちゅうしています。
特別な場合を除いては、まずこれで続行できるようになりますね。
Remove Bloatがまだ正式な機能ではなかったと思いますから、無条件でお勧めはできませんけど、
どうしてもセーブデータにこだわりがあるなら最後の手段としては有効だと思います。

ちなみに特別な場合というのは、きちんとアンインストールしないとならない系のMODといいますか、そういうのです。
例で言うと以前こちらでも紹介されてました「28 days and a bit V2」などでしょうか。

このMODはきちんとリセットしてから外さないと、ゾンビ発生のスクリプト処理だけ残ってしまうので、放っておくとどんどん負荷がかかったり。
他にもこの手のMODがあったと思いますから、特にOBSE系のMODはよく説明を読んで注意した方が良いですね。大抵はよく見れば外すときの手順が書いてあると思いますから。


よく聞くBrumaのCTDですとか、ゴミが原因で起こる物もありますし、まずきちんと各自で対処しておくのが大事ですよね。
まぁ、どうしても直らない物もあったりもしますが…

あ、あとTestingHallに飛んだ後、扉一つでいける街に出れば普通にFast Travelできますから、
行きたい場所のIDが分からなかったらその方がいいかもしれません。

Airscape URL 2009-03-04 (水) 23:09

elさんこんにちは。
たしかに効果ある感じですね。前のMODの影響が残っていたりすると不安定になりやすいので、そういった物がクリアされるのが大きそうです。

Remove Bloatは実装からずいぶんたってますが、作者の方が今までにこの機能を使ったことで実際に問題があったという報告は聞いたことがないです、と書いているのでそれほど心配しなくてもいいのかもしれません。心配な場合はRemove Bloatの手順を飛ばしてCellのリセットだけでも効果はありそうです。

MODによってはアンインストールをReadme通りにしないと問題が出るのでたしかに注意が必要ですね。不具合が出てからそういった注意書きがあることに気付くことも多いですが(笑)
28 days and a bit V2は一度使うと気付かないところでNPCが死んでいたりする問題もあるので、やはりある程度遊んだら使用前のセーブに戻したほうが良さそうです。

TestingHallから出るにはその方法もいいのですが、僕の場合外に出る扉がどれだったかわからなくことがあるのでcocの方を使ってます(^^;

Rasp URL 2009-12-08 (火) 03:30

こんにちは、初めまして。
いつもMOD紹介・パフォーマンスアップ等非常に参考にさせていただいております。本当に有難いサイト様です。ありがとうございます!!熱烈に応援しております('-'*)

さてさて、あまり私なぞの話をしてもアレですので早速質問させていただこうと思います。「GetGamesetting IHoursToRespawnCell」で数字が出ず、NotFoundとなってしまうのはどういう事がご存知でしょうか?「SetGamesetting IHoursToRespawnCell 1」で一度設定してからなら出るかなぁとか思ったのですが、Setコマンドの方でもNotFoundと出てしまい設定もできませんでした。
NotFoundというのは、MODの競合等でRespawnされない設定になっている、という事でしょうか?デフォルトの72時間になっているとしても、「72」と数字が出るはずですよね。。

お手数をおかけ致しますが、もしお分かりになられるのであれば教えていただきたいと思います。

Airscape URL 2009-12-08 (火) 08:50

Raspさんこんにちは。うちのブログを参考にしてくださって嬉しいです(^^)

NotFoundはそのコマンドが存在しないという意味なので、どこかに打ち間違いがないかなどを確認してみてください。

Rasp URL 2009-12-08 (火) 18:49

うっ・・・・一字ずつ慎重にメモして打ち込んでみたところ、GetコマンドもSetコマンドも問題なくできました。これだけだったとは。。お恥ずかしい限りです。ありがとうございました(´;ω;`)

Airscape URL 2009-12-09 (水) 15:36

いえいえ~、実は僕も昔に同じコマンドを間違って覚えてしまってNotFoundを出して「なんで!?ちゃんと打ってるのに?」と四苦八苦したことがあります(笑)

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://oblivionclarity.blog21.fc2.com/tb.php/81-71150f3a
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from Oblivion Clarity

Home > スポンサー広告 > Respawn時間分の待機でCTD要因を取り除く

Home > パフォーマンス > Respawn時間分の待機でCTD要因を取り除く

Respawn時間分の待機でCTD要因を取り除く

weOCPSの作者さんがフォーラムで以下のような助言をしていたので、補足も交えて紹介します。

Windom Earle's Oblivion Crash Prevention System, Thread #2



CTDで悩まされる人々のために、以下の手順を行うことを推奨します。

1. いくつかあるTest Cellのどれかへコンソールのcocで飛ぶ。
 「coc testinghall」など。

2. その場所で72時間(Respawn時間分)待機する。
 もしRespawn時間を延ばすMODを使用していたらその時間分待機してください。そういうMODが使っているかわからない場合は、コンソールから「GetGameSetting IHoursToRespawnCell」を打ち込むとRespawn時間が表示されます。

3. セーブをしてOblivionを終了する。

4. ゲームを再起動してセーブデータをロードした後もう一度セーブしOblivionを終了する。

5. Wrye Bashのセーブ機能「Remove Bloat」をセーブデータに実行する。
 Remove Bloatを適用するのがちょっと心配な場合は、実行前にWrye BashのBackup機能を使用してください。

6. Oblivionを起動しcocでどこかの場所に戻る。「coc weye」「coc ICMarketDistrict01」など。


Respawn時間分の待機に加え2回終了させることで現状の使用MODに沿った状態にCellをリセットし、さらにCellに残った未使用MODによるゴミデータをWrye Bashによって取り除きます。

CTDを起こしていた要因がCellに存在していた場合は、これによって改善する場合があるようです。

72時間待機というのは今までは大型MODやDRの導入時くらいしか行いませんでしたが、ある程度MOD環境が変わったら上記の手順を行ってみるといいかもしれませんね。



CTD関連記事
Oblivion終了時にCTDする原因
終了時CTDを起こさず一瞬でOblivonを終了できるPluggyのhaltコマンド
「Exit Oblivion With No Crash Guaranteed」CTD無しでOblivionを終了できるMOD
「Fast Exit」PluggyなしでCTDを起こさず終了できるOBSEプラグイン
「OBSE -Elys- CrashShield」エラーを回避してCTDを防ぐ
「Windom Earle's Oblivion Crash Prevention System」CTDを防ぐOBSEプラグイン
Wrye Bash - Auto-Ghost機能 使用していないesm/espの拡張子を変えてシステム負荷を減らす
Oblivion・Morrowind・Fallout3のサウンドに起因する不具合の解消方法

Comments:6

el URL 2009-03-04 (水) 05:06

管理人様こんにちは。

私の場合結構頻繁にMOD構成を組み替えてるので、ほぼこれに近い対処をしょっちゅうしています。
特別な場合を除いては、まずこれで続行できるようになりますね。
Remove Bloatがまだ正式な機能ではなかったと思いますから、無条件でお勧めはできませんけど、
どうしてもセーブデータにこだわりがあるなら最後の手段としては有効だと思います。

ちなみに特別な場合というのは、きちんとアンインストールしないとならない系のMODといいますか、そういうのです。
例で言うと以前こちらでも紹介されてました「28 days and a bit V2」などでしょうか。

このMODはきちんとリセットしてから外さないと、ゾンビ発生のスクリプト処理だけ残ってしまうので、放っておくとどんどん負荷がかかったり。
他にもこの手のMODがあったと思いますから、特にOBSE系のMODはよく説明を読んで注意した方が良いですね。大抵はよく見れば外すときの手順が書いてあると思いますから。


よく聞くBrumaのCTDですとか、ゴミが原因で起こる物もありますし、まずきちんと各自で対処しておくのが大事ですよね。
まぁ、どうしても直らない物もあったりもしますが…

あ、あとTestingHallに飛んだ後、扉一つでいける街に出れば普通にFast Travelできますから、
行きたい場所のIDが分からなかったらその方がいいかもしれません。

Airscape URL 2009-03-04 (水) 23:09

elさんこんにちは。
たしかに効果ある感じですね。前のMODの影響が残っていたりすると不安定になりやすいので、そういった物がクリアされるのが大きそうです。

Remove Bloatは実装からずいぶんたってますが、作者の方が今までにこの機能を使ったことで実際に問題があったという報告は聞いたことがないです、と書いているのでそれほど心配しなくてもいいのかもしれません。心配な場合はRemove Bloatの手順を飛ばしてCellのリセットだけでも効果はありそうです。

MODによってはアンインストールをReadme通りにしないと問題が出るのでたしかに注意が必要ですね。不具合が出てからそういった注意書きがあることに気付くことも多いですが(笑)
28 days and a bit V2は一度使うと気付かないところでNPCが死んでいたりする問題もあるので、やはりある程度遊んだら使用前のセーブに戻したほうが良さそうです。

TestingHallから出るにはその方法もいいのですが、僕の場合外に出る扉がどれだったかわからなくことがあるのでcocの方を使ってます(^^;

Rasp URL 2009-12-08 (火) 03:30

こんにちは、初めまして。
いつもMOD紹介・パフォーマンスアップ等非常に参考にさせていただいております。本当に有難いサイト様です。ありがとうございます!!熱烈に応援しております('-'*)

さてさて、あまり私なぞの話をしてもアレですので早速質問させていただこうと思います。「GetGamesetting IHoursToRespawnCell」で数字が出ず、NotFoundとなってしまうのはどういう事がご存知でしょうか?「SetGamesetting IHoursToRespawnCell 1」で一度設定してからなら出るかなぁとか思ったのですが、Setコマンドの方でもNotFoundと出てしまい設定もできませんでした。
NotFoundというのは、MODの競合等でRespawnされない設定になっている、という事でしょうか?デフォルトの72時間になっているとしても、「72」と数字が出るはずですよね。。

お手数をおかけ致しますが、もしお分かりになられるのであれば教えていただきたいと思います。

Airscape URL 2009-12-08 (火) 08:50

Raspさんこんにちは。うちのブログを参考にしてくださって嬉しいです(^^)

NotFoundはそのコマンドが存在しないという意味なので、どこかに打ち間違いがないかなどを確認してみてください。

Rasp URL 2009-12-08 (火) 18:49

うっ・・・・一字ずつ慎重にメモして打ち込んでみたところ、GetコマンドもSetコマンドも問題なくできました。これだけだったとは。。お恥ずかしい限りです。ありがとうございました(´;ω;`)

Airscape URL 2009-12-09 (水) 15:36

いえいえ~、実は僕も昔に同じコマンドを間違って覚えてしまってNotFoundを出して「なんで!?ちゃんと打ってるのに?」と四苦八苦したことがあります(笑)

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://oblivionclarity.blog21.fc2.com/tb.php/81-71150f3a
Listed below are links to weblogs that reference
Respawn時間分の待機でCTD要因を取り除く from Oblivion Clarity

Home > パフォーマンス > Respawn時間分の待機でCTD要因を取り除く

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Linkについて

トップ・各ページへのリンクはご自由にどうぞ。

Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。