Home > スポンサー広告 > 「Audacious Magery」スペルのSkill制限を取り払うMOD

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

win URL 2009-12-21 (月) 23:53

こんばんは。
Fizzle!というMODを使っていますが、こちらもとても面白そうです!
個人的にこういうMODは大好きで、勝手ながらうちの記事にAirscape様のところへ紹介リンクさせていただきます!不都合がありましたら連絡ください。

Airscape URL 2009-12-22 (火) 21:21

winさんこんにちは。
おお~!Fizzleですか。このMODとも相性がいいMODなので、この記事からも簡単な紹介とリンクさせていただこうと思います。

gyokuro URL 2010-02-20 (土) 20:28

こんばんは。玉露です。
きついですね~このmod。
うちのキャラは戦士系なんで、光源の呪文にすら逆流がww
それで少し質問なんですが、おそらく呪文の反作用でうけたサイレンス(魔法を使おうとすると魔法は封じられていますと出るので)のせいで魔法が使えず、教会も薬も効きません(インナースペルはそもそも使えません)
魔法効果とかが出てくる欄にもそんな効果があるような記述はないしどうなっているんだか。
というわけで、できれば問題解決に力を貸していただけないでしょうか?
(そして今うちのキャラは無理やり魔法禁止PLAY。魔法キャラでもないのにここまできついとは。迷宮暗い!松明ない!ネズミに負けた!!てな感じです。)

Airscape URL 2010-02-20 (土) 23:59

玉露さんこんにちは。
このMODは制限がなくなることでもメリットとデメリットがよく考えられてますよね。

サイレンスの効果はたぶん「Muted」か「Overload」という病気属性のペナルティだと思うのですが、教会で祈っても駄目だとするとバグかもしれません。
もしMODをアンインストールしても駄目なら魔法が使えなくなる前のセーブデータに戻った方がいいかもしれません。
このゲームで完全魔法禁止プレイというのはかなりきついですもんね(^^;

gyokuro URL 2010-02-21 (日) 00:16

うわあ、そうですか・・・
今widfallっていうクエストをやってまして、そのバグ?(一縷の望みを託して)がないのはそのクエストが始まるまえなんですよ。
これだから、SAVEはわけてしなさいよ、とよく言われますがまさにそんなかんじですね。
よし、きめました。俺はいまから魔法禁止プレイでいきます。(このクエが終わるまで。一体あと何時間?)んで、それが終わったら元のセーブデータにもどることにします。
返答、ありがとうございました。

Airscape URL 2010-02-24 (水) 00:01

いえいえ、お役にたてずにすみません。
OblivionはMODの導入によってよくバグが起きたりロードが出来なくなったりするので、クイックセーブだけでなく通常セーブで幾つかデータを残しておいたほうがいい感じですね。

takuma URL 2010-05-08 (土) 09:42

日本語パッチを作ってくださった方がいるようです。

Audacious Magery 1.09
http://www.4shared.com/file/uDWtgcND/Audacious_Magery_109.html

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://oblivionclarity.blog21.fc2.com/tb.php/141-09de1508
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from Oblivion Clarity

Home > スポンサー広告 > 「Audacious Magery」スペルのSkill制限を取り払うMOD

Home > MOD紹介 > 「Audacious Magery」スペルのSkill制限を取り払うMOD

「Audacious Magery」スペルのSkill制限を取り払うMOD

スペルのSkill制限を取り払うMOD「Audacious Magery」の紹介です。要OBSE。
有志の方による日本語化パッチもあります。

Oblivionはスペルの使用にSkill制限があり、どんなにMagickaがあっても苦手な系統の魔法は唱えることが出来ません。

Audacious MageryはそのSkill制限を取り払い、Magickaさえ足りていれば苦手な系統の高等魔法でも唱えることができるようになります。

しかし分不相応な強力なスペルは予想の付かない負の作用(以下ペナルティ)を同時に及ぼすことがあるため、Magickaは足りているからと苦手な系統の魔法をばんばん使っていると、ペナルティで身体がボロボロになったり、スペルが逆流してかえってピンチになってしまうこともあります。

ペナルティを受けることなく魔法を制御するには相応のSkillが必要になるので、魔法Skill自体が無意味になることはありません。

また25/50/75/100など節目のSkill熟練度も意味がなくなっておらず、たとえばAlterrationはそれぞれの熟練レベルに達するごとにスペルペナルティをより小さくする力があります。

またVanillaでは意味の薄かったPersonalityが強いペナルティを受ける確率を減らすために重要になります。

このようにAudacious MageryではSkill制限がなくなることでのメリットとデメリットが良く練られていて、確実に制御できる魔法だけを使うか、ペナルティ覚悟で苦手系統の魔法を使うかといった選択肢が広がります。

Audacious Mageryのシステム


制御レベル


Audacious Mageryを導入すると、Magickaが足りていればSkillレベルが足りていないスペルも唱えることが出来るようになります。

しかしSkillが不足しているスペルは十分な制御が出来ず様々なペナルティが発生する可能性があります。ペナルティを受けずにスペルを唱えるには魔法を制御する力である「制御レベル」がスペルのMagickaコストを上回る必要があります。

制御レベルはプレイヤーの魔法Skillで決まります。計算式は以下の通りです。

制御レベル = (魔法skill) * 1.7

例えばDestruction Skill 30なら、30 x 1.7 = 51となり、Magickaコストが51以下のDestruction Spellを安全に唱えることができます。

スペルのMagickaコストがプレイヤーの制御レベルを上回っている場合、その差が大きいほどペナルティを受けやすくなります。

警告オプションの選択


魔法Skillが制御レベルに届いていないスペルを選択すると「ヴォン」という警告音が鳴ります。
もしそのままスペルを唱えるとペナルティが発生することがあります。

警告は音ではなくメッセージで表示することも可能です。設定はのiniの以下の項目で変更できます。0でOFF、1でONになります。

・set aaEMMainQuest.enableImmersiveMasteryMessage to 0 (デフォルトOFF)
 一人称のロールプレイ重視な警告メッセージを表示します。
 「This spell is much too powerful to control」(このスペルは制御できないくらい強力だ)など。

・set aaEMMainQuest.enableNumbersMasteryMessage to 0 (デフォルトOFF)
 プレイヤーの制御レベルとスペルレベル(Magickaコスト)を数値で表示します。
 「My mastery level: 40 | Spell level: 70」など。

・set aaEMMainQuest.enableMasterySound to 1 (デフォルトON)
 制御レベルに足りていないスペルを選んだ時に音を出します。

様々なペナルティ要素


スペルペナルティ


制御レベルを上回るスペルを唱えるとステータスペナルティが発生することがあります。

短時間のペナルティとしてはDrain、Damage、Weaknessなどがあり、一定時間経てば消えます。
Damage Attibuteのペナルティだけは、減った分のAttributeを教会で祈るかRestore Attribute系で治すしかないので長時間タイプともいえます。

長時間効果のペナルティはBrain Cloud(頭が霧がかる)などの病気として現れます。これはCure Disease系で治療が可能です。短時間でたくさんの制御レベル以上の魔法を使うほど病気にかかりやすくなります。

スペルペナルティの減少に影響するAttribute


スペルペナルティの減少には3つのAttributeが影響します。

-Willpower
 ペナルティの発生確率を減らします。

-Intelligence
 ペナルティの大きさを減らします。

-Personality
 非常に強いペナルティが発生する確率を減らします。

デフォルト設定ではPersonalityがもっとも大きな影響を持ちます。そしてIntelligenceがそれに続きます。
Willpowerの効果はもっとも弱いですが、スペルペナルティの他にも後述のスペルの詠唱失敗と逆流の減少効果があります。

スペル詠唱の失敗


デフォルトではOFFになっている機能です。iniでこの機能をONにすると、制御レベルを越えるスペルの詠唱自体に失敗することがあります。
Willpowerは失敗の確率を減らします。

set aaEMMainQuest.spellFailure to 0 (デフォルトOFF)
1で詠唱失敗システムをONにします。

後述する詠唱成功・失敗MOD「Fizzle」と併用する場合は、OFFのままにしてください。

スペル効果の逆流


スペルに対する制御レベルが大きく不足していると、スペル効果が逆流して自分に向かう可能性があります。逆流するのは有害なスペルだけです。

Willpowerはスペルが逆流する確率を減らします。

召喚生物の敵対


Conjurationが制御レベルに足りていないと、呼び出した召喚生物が制御できずに敵対することがあります。
これも逆流の一部なのでWillpowerが高いと召喚生物が敵対する確率が減ります。

ペナルティを減らす要素


スペル詠唱に相応しい環境


Aleswell(透明人間)のクエストで魔術師が他に邪魔をされない環境で魔法実験をしていたように、適切に周りから遮断された環境は魔法実験に適しています。

Audacious Mageryでは戦闘をしておらず周りに人がいない環境だとペナルティを受ける確率が減少します。

Staff装備によるボーナス


唱えるスペルと同系統のエンチャントが付いたStaffを装備しているとペナルティを受ける確率が20%減少します。

自作スペルの制限


自作スペルでは自分が熟知していない系統のスペルが作れてしまうのはおかしいので、Vanillaと同じく作成時にSkill制限が付きます。ただしini設定で制限を外すことも可能です。

Skill特権


Audacious MageryではSkillが100あれば同系統のスペルをペナルティなく詠唱することができます。

また各魔法Skillの熟練レベルごとに新たなSkill特権を得ることができます。

Alterration


Alterrationの熟練レベルが高いほど、すべてのスペルペナルティの大きさを減らすことができます。

Skill 25 - 10%
Skill 50 - 20%
Skill 75 - 30%
Skill 100 - 50%


Conjuration


Conjurationの熟練レベルが高いほど、制御レベルに足りずに呼び出した生き物が敵対する確率を減らします。

Skill 25 - 10%
Skill 50 - 20%
Skill 75 - 40%
Skill 100 - 確実に召喚生物を制御できます。またダメージを召喚生物に分ける「Channel Energy」がLesser Powerに追加されます。

Channel Energyを有効にしていると、プレイヤーへのダメージを召喚生物に肩代わりさせられることがあります。Channel Energyは持続スペルではなく唱えるごとにON/OFFが切り替わります。

Destruction


Destructionの熟練レベルが高いほど、(召喚を除く)すべてのスペルが逆流する確率を減らします。

Skill 25 - 10%
Skill 50 - 20%
Skill 75 - 30%
Skill 100 - 50%

Illusion


Illusionの熟練レベルが高いほど、Attribute( INT / Willpower / Personality+Luck )のどれかに与えるボーナスを増やせます。
Lesser Powerの「Illusion Skill」を唱えるごとにボーナス箇所が変わります。

Skill 25 - +1
Skill 50 - +2
Skill 75 - +3
Skill 100 - +5

Mysticism


Mysticismの熟練レベルが高いほど、一日一回使用できる「Inner Spell」で取り除けるペナルティ数が増えます。

Skill 25 - 1
Skill 50 - 2
Skill 75 - 3
Skill 100 - すべて

Restoration


Restorationの熟練レベルが高いほど、病気型のペナルティにかかる確率を減らします。

Skill 25 - 5%
Skill 50 - 10%
Skill 75 - 15%
Skill 100 - 30%

iniでのペナルティ調整


iniフォルダの「AudaciousMagery.ini」でAudacious Mageryのほとんどの設定をON/OFF・調整できます。

その中でも全体的なスペルペナルティの確率・強さに関係するのは以下の設定です。

・set aaEMMainQuest.(魔法SKill名)MasteryMultiplier to 1.7
 制御レベルの調整です。数値を上げるほどプレイヤーの制御レベルが高くなり、低Skillでペナルティなくスペルを唱えることができます。推奨値は1.0~2.0です。

・set aaEMMainQuest.basePenaltyMultiplier to 0.5
 ペナルティの大きさの調整です。数値を低くするほどペナルティが弱くなります。

魔法MODとの互換性


Supreme Magicka、LAME、Midas Magicといった魔法バランス変更MODとも問題なく併用できます。

ただしMidas Magicなど新しい効果のスペルには召喚生物の敵対と逆流のペナルティが働きません。

Fizzleとの併用


Skill制限を無くすMODにはFizzleというMODもあり、こちらもお勧めです。Audacious Mageryとも併用ができます。

Fizzleについてはwinさんがブログで詳しく解説してくださっています。
Fizzle:MOD: LIBEROBLIVION

Fizzleについて簡単に説明すると、スペルの詠唱に失敗するか成功するかに特化したMODで、装備制限というシステムがあるのが特徴です。

たとえば魔法使いに相応しくない重装や武器を構えているとスペルの成功率が下がってしまいます。
より確実にスペルを唱えるには武器を構えずローブ等を装備するなど、スペル詠唱に集中できる魔法使いらしい装備が重要になります。
また今までは魔法使いにあまり関係のなかったFatigueも成功判定に影響するようになります。

Audacious Mageryにはそういったシステムはないので、併用することで互いのシステムの長所を取り入れることが出来ます。
併用した場合は、スペルを唱えるとまずFizzleによる詠唱成功・失敗の判定が入り、次にAudacious Mageryによるペナルティ判定がされます。

場合によってはFizzleで詠唱に失敗してさらにAMのスペルペナルティを受けることもあるので、詠唱の危険度は併用しない時に比べて上がります。Skillが足りていないスペルの詠唱はより慎重になった方がいいでしょう。きつい場合はiniで多少詠唱しやすくするのもいいかもしれません。

また併用の際はAudacious Mageryの詠唱失敗システムはOFFにしてください。

Comments:7

win URL 2009-12-21 (月) 23:53

こんばんは。
Fizzle!というMODを使っていますが、こちらもとても面白そうです!
個人的にこういうMODは大好きで、勝手ながらうちの記事にAirscape様のところへ紹介リンクさせていただきます!不都合がありましたら連絡ください。

Airscape URL 2009-12-22 (火) 21:21

winさんこんにちは。
おお~!Fizzleですか。このMODとも相性がいいMODなので、この記事からも簡単な紹介とリンクさせていただこうと思います。

gyokuro URL 2010-02-20 (土) 20:28

こんばんは。玉露です。
きついですね~このmod。
うちのキャラは戦士系なんで、光源の呪文にすら逆流がww
それで少し質問なんですが、おそらく呪文の反作用でうけたサイレンス(魔法を使おうとすると魔法は封じられていますと出るので)のせいで魔法が使えず、教会も薬も効きません(インナースペルはそもそも使えません)
魔法効果とかが出てくる欄にもそんな効果があるような記述はないしどうなっているんだか。
というわけで、できれば問題解決に力を貸していただけないでしょうか?
(そして今うちのキャラは無理やり魔法禁止PLAY。魔法キャラでもないのにここまできついとは。迷宮暗い!松明ない!ネズミに負けた!!てな感じです。)

Airscape URL 2010-02-20 (土) 23:59

玉露さんこんにちは。
このMODは制限がなくなることでもメリットとデメリットがよく考えられてますよね。

サイレンスの効果はたぶん「Muted」か「Overload」という病気属性のペナルティだと思うのですが、教会で祈っても駄目だとするとバグかもしれません。
もしMODをアンインストールしても駄目なら魔法が使えなくなる前のセーブデータに戻った方がいいかもしれません。
このゲームで完全魔法禁止プレイというのはかなりきついですもんね(^^;

gyokuro URL 2010-02-21 (日) 00:16

うわあ、そうですか・・・
今widfallっていうクエストをやってまして、そのバグ?(一縷の望みを託して)がないのはそのクエストが始まるまえなんですよ。
これだから、SAVEはわけてしなさいよ、とよく言われますがまさにそんなかんじですね。
よし、きめました。俺はいまから魔法禁止プレイでいきます。(このクエが終わるまで。一体あと何時間?)んで、それが終わったら元のセーブデータにもどることにします。
返答、ありがとうございました。

Airscape URL 2010-02-24 (水) 00:01

いえいえ、お役にたてずにすみません。
OblivionはMODの導入によってよくバグが起きたりロードが出来なくなったりするので、クイックセーブだけでなく通常セーブで幾つかデータを残しておいたほうがいい感じですね。

takuma URL 2010-05-08 (土) 09:42

日本語パッチを作ってくださった方がいるようです。

Audacious Magery 1.09
http://www.4shared.com/file/uDWtgcND/Audacious_Magery_109.html

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://oblivionclarity.blog21.fc2.com/tb.php/141-09de1508
Listed below are links to weblogs that reference
「Audacious Magery」スペルのSkill制限を取り払うMOD from Oblivion Clarity

Home > MOD紹介 > 「Audacious Magery」スペルのSkill制限を取り払うMOD

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Linkについて

トップ・各ページへのリンクはご自由にどうぞ。

Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。