Home > スポンサー広告 > Godrays Tweakバージョン&v3

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Tammu URL 2009-11-18 (水) 21:41

nVidiaユーザーですが、このエフェクトファイルの51行目
static const float saturate
の値を下げると青みが緩和されるようです。
思い切って0.140fとかにしてみると、青くなりませんでした。
それ以外は試していませんorz

ただ、雰囲気からすると夕日などのカラーも下げてしまいそうなので、良い値を見つけないと、味が出ないかもですね・・・

Rebekka URL 2009-11-19 (木) 21:11

設定の検証お疲れ様です。
以前より数段きれいな画面になりますね、
うちの環境だと戦闘中にONにしていると日差しの点滅が激しくてクラクラしますね(>_<)
日中に電車なんかに乗っているときにビルの隙間から断続的に光が差し込むと同じようなことになるのでリアルと言えばリアルなんですけど、戦闘中はOFFにしたほうがよさそうですね

Airscape URL 2009-11-19 (木) 22:15

>Tammuさん
こんにちは。情報ありがとうございます!
「static const float saturate 」は太陽の光の色を変えるみたいですね。0に近づけるほど青くなる場面では全体が白くなり、光芒も白い光になるようです。
なのでおっしゃるように夕日だとちょっと違和感が出るかもしれませんが、自分が一番違和感が出ない数値に出来るとかなり効果がありそうですね。

>Rebekkaさん
Tweak版は光芒がすごくハッキリと綺麗になってますよね。
戦闘中に画面の色が頻繁に変わるのはたしかに気になる時があります(^^;
日差しや画面が青っぽくなるのは太陽の光を弱めると緩和されるので、光芒が多少弱まってもいいならもうちょっと設定値を下げてみるといいかもしれません。

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://oblivionclarity.blog21.fc2.com/tb.php/136-48e06e24
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from Oblivion Clarity

Home > スポンサー広告 > Godrays Tweakバージョン&v3

Home > MOD紹介 > Godrays Tweakバージョン&v3

Godrays Tweakバージョン&v3

[2010/5/26追記:以下の解説は旧バージョンのv2/v3のGodraysを元にしたものです。現在の最新版であるv4では過剰な眩しさ・画面全体が青みがかる・光芒がサーチライトっぽくなる・光芒が見えない時間帯があるといった問題点の多くが改善されています。v4は「OBGE v2」のOption FilesからDLできます]

Godraysの公開を受けて、新OBGEの作者さんがそれに調整を施したTweakバージョンを作成してくれました。
http://www.bethsoft.com/bgsforums/index.php?showtopic=1050580&view=findpost&p=15329325
Here'sのリンクからTweak版の「Godrays.fx」をDLできます。

調整の効果は一目瞭然で、前のバージョンではかなり薄目だった光芒が、SSでもはっきり分かるほどクッキリと綺麗に描かれるようになりました。また太陽を見たときに画面全体が白っぽくなるのも改善されてメリハリがついたように感じます。負荷も前より少し軽くなったようです。

Godrays Tweak SS1


Godrays Tweak SS2

Godrays Tweak SS3

前のバージョンでも十分良い感じでしたが、Tweakバージョンは本当に光芒が綺麗に見えますね。

FOV設定


画面のFOVを変更している場合は、Shaderファイルを開いて、二行目にある

#define fov 75

の部分をゲームで使用しているFOVの数値に変更してください。

この設定をきちんとすることで光芒がサーチライトのようになるバグが起こりづらくなります。

僕の「Immersive Field of View」を使ってくださっている方は、野外FOVか、野外~街FOVの中間くらいの値に設定してください。実際のFOVと多少ずれても問題はないようです。

空の過剰な眩しさを無くすTexture


Godrays+HDRだと太陽の光がVanillaより強くなり空が広範囲に眩しくなりますが、ファイルに同梱されている太陽の眩しさを無くすファイルをインストールすることで緩和することができます。

Textureのインストール方法は、GodraysをDLして付属の「sunglare.dds」を、data\Textures\skyフォルダにインストールしてください。

Godrays Tweak NoGlare
上:通常のGodrays Tweak。
下:眩しさを無くすsunglare.ddsをインストールしたGodrays Tweak。

ただこのファイルを入れると太陽自体の輝き・存在感はVanillaよりやや薄れぎみになるので、導入はお好みで選んでみてください。

太陽の強さの設定値


Shaderの設定を変更することでも太陽の眩しさを抑えることができます。

以下に自分なりに調整をしてオリジナルより太陽の光を抑えた設定値です。

[注:この設定値はv2時の物です]

▼Godrays.fxの33~40行目
//edit for sunshafts intensity decay exposure
float Density=0.8;

float Decay=0.983;

float Weight=0.37;

float Exposure=0.20;


Vanilla・Godrays Tweakオリジナル・Godrays Tweakカスタム設定の比較SS。

Godrays Tweak Compare Vanilla
Vanilla。


Godrays Tweak Compare Original
Godrays Tweakオリジナル。


Godrays Tweak Compare Custom
Godrays Tweakカスタム設定。

まだ眩しさはありますが、オリジナル版の過剰な太陽の光はだいぶ薄れると思います。

これ以上太陽の輝きを抑えると光芒の方もかなり薄れてしまうので、自分で調整される方はDensityなら0.1刻み、Decayは0.001~0.005刻み、Weight・Exposureは0.005~0.02刻みくらいで調整してみてください。

Godrays v3



OBGEv2の作者さんが調整したTweak版を、元のGodrayの作者さんがさらに変更を施したGodrays v3が公開されました。こちらはOBGEv2のフォーラムのDownload欄からDLできます。

OBGEv2フォーラム

v3での一番の変更点は、昼間はGodrays効果が出ないようになったことです。具体的にはAM7~11時・PM5~8時の時間帯だけGodraysの効果があります。
実際の光芒も朝方と夕方がもっとも見えやすく、光が垂直に入る昼間は見えにくいのでよりリアル嗜好になったと言えます。ただ朝は5時くらいからGodrays効果があっても良かったなとも思います。

Tweak版だと気になることが多かった、角度によって画面が全体的に白くなることがある現象は、真上からの光で白くなりやすかった昼間にGodrays効果がなくなることでより気になりにくくなりました。またTweak版と比べるとGodraysの強さも抑え気味なリアルに近い感じになりました。

しかしその分、v3ではGodraysを見られる時間帯が少なくなり、昼間の木漏れ日などは見れなくなってしまいました。またGodrays効果が弱まってしまったのでTweak版の方が綺麗に感じられる場面もあると思います。そういった場合はTweak版とv3を使い分けてみてください。

一応Godraysの強さをTweak並にすることは後述のExposure設定を変更すれば可能です。

またv3ではGodraysの光が白くなりすぎているので、フォーラムで作者さんが公開していた修正箇所を変更してください。

▼55行目
static const float saturate = 0.040f;

static const float saturate = 0.540;

Godrays Tweak v3
上:Godrays Tweak版。
下:Godrays v3版。

v3の設定項目の多くはTweak版と同じですが、「Exposure」の設定はかなり異なっていて、それがTweak版とのGodrays効果の強さの違いになっているようです。

Exposure設定はファイル内のあちこちにありますが、214行目と224行目にある「Exposure = 0.11;」を0.16くらいにするとTweak版の強さと近くなるようです。

ファイルに付属の「sunglare.dds」はオプションで、先の解説のように太陽の眩しすぎると感じる場合にインストールしてください。



▼関連記事
OBGEv2のShader適用方法 & Godraysベータ版の感想
「Depth of Field」「SSAO」のテストShaderがリリース

Comments:3

Tammu URL 2009-11-18 (水) 21:41

nVidiaユーザーですが、このエフェクトファイルの51行目
static const float saturate
の値を下げると青みが緩和されるようです。
思い切って0.140fとかにしてみると、青くなりませんでした。
それ以外は試していませんorz

ただ、雰囲気からすると夕日などのカラーも下げてしまいそうなので、良い値を見つけないと、味が出ないかもですね・・・

Rebekka URL 2009-11-19 (木) 21:11

設定の検証お疲れ様です。
以前より数段きれいな画面になりますね、
うちの環境だと戦闘中にONにしていると日差しの点滅が激しくてクラクラしますね(>_<)
日中に電車なんかに乗っているときにビルの隙間から断続的に光が差し込むと同じようなことになるのでリアルと言えばリアルなんですけど、戦闘中はOFFにしたほうがよさそうですね

Airscape URL 2009-11-19 (木) 22:15

>Tammuさん
こんにちは。情報ありがとうございます!
「static const float saturate 」は太陽の光の色を変えるみたいですね。0に近づけるほど青くなる場面では全体が白くなり、光芒も白い光になるようです。
なのでおっしゃるように夕日だとちょっと違和感が出るかもしれませんが、自分が一番違和感が出ない数値に出来るとかなり効果がありそうですね。

>Rebekkaさん
Tweak版は光芒がすごくハッキリと綺麗になってますよね。
戦闘中に画面の色が頻繁に変わるのはたしかに気になる時があります(^^;
日差しや画面が青っぽくなるのは太陽の光を弱めると緩和されるので、光芒が多少弱まってもいいならもうちょっと設定値を下げてみるといいかもしれません。

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://oblivionclarity.blog21.fc2.com/tb.php/136-48e06e24
Listed below are links to weblogs that reference
Godrays Tweakバージョン&v3 from Oblivion Clarity

Home > MOD紹介 > Godrays Tweakバージョン&v3

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Linkについて

トップ・各ページへのリンクはご自由にどうぞ。

Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。