Home > 2009年10月

2009年10月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

「BetterMusicSystem」場所ごとのBGM・音楽システム改良MOD

前に紹介した「Enhanced Music Control (ブログ記事)」のBGM改良、「Musical Immersion (ブログ記事)」の音楽システムの要素を合わせ持つBGM改良MOD「BetterMusicSystem」(以下BMS)の紹介です。
要OBSE v0018b4以上、Enhanced Music & Control v0.72BSoundCommands v4.0

(最新版の2.4.2bではv2.4.2のCTDする不具合が修正されました。情報をくださったサム・ライスさんありがとうございます!)

BMS独自の特徴として、場所ごとに流すBGMを決められる機能があります。酒場では賑やかな、教会では厳かなど、場所に合わせたBGMを用意することでよりゲームの雰囲気が高まります。

またNPCとの会話画面ではBGMのボリュームが自動で下がったり、ネズミなどの弱い生き物相手では戦闘音楽が鳴らなくなる機能、Sneak中はだんだんBGMが消えていくなど便利・没入感を増す機能があります。

続きを読む

「Da Mages Requirements」装備条件が付くMOD

[2009/10/25追記:Arena服などの一体型の装備で必要値が正しく計算されないバグ、必要値が足りないメッセージが何度も表示されるバグを修正したパッチを作成しました]

武具の装備に条件が付くMOD「Da Mages Requirements」の紹介です。要OBSE v0015以上。

ファンタジー系ゲームではよく、魔法使いのキャラは重い鎧を装備できないなどの装備条件があります。これによって非力な魔法系キャラが強力な武具を装備して魔法・近接OKの万能になるのを防いだり、戦士系・魔法系などキャラの特徴が失われないようにしてくれます。

Oblivionにも戦士・魔法使いといったクラスはありますが、あくまで初期のSkill値の違いと経験値の上がりやすさに影響があるだけで、どのクラスを選んでも装備の制限はありません。

Da Mages Requirementsでは、重い武器を振るうためにはStrengthが必要になったり、強力な武具を使いこなすためにそれに見合うSkill熟練度が必要になったりと装備条件が付くようになります。

Requirements Need Stats
装備条件に達していない武具を装備しようとすると、必要なAttribute・Skillが左上に表示され、装備が解除されます。

これによってキャラの苦手分野の装備が自然に制限され、Armor系Skillを育てていない魔法使いキャラはローブなどの装備を身につける必要性が出てきます。

強力な武具はステータスを上げないと装備できないため、そうした強力な武具を装備するためにAttribute・Skill熟練度を上げる楽しみも生まれます。

続きを読む

Oblivion・Morrowind・Fallout3のサウンドに起因する不具合の解消方法

[2009/10/17追記:EMCでカクつきを発生させるFilter競合の解消方法を追記しました]

Oblivionをまたプレイし始めたのでブログの方も更新再開しようと思います。すでに何回も更新しているので今更という感じではありますが(^^;
他のゲームもプレイしているのでかなり不定期更新になってしまうと思いますが、またよろしくお願いします。

今回はOblivionでサウンド関連の不具合が起きたときの対処法の紹介です。同じ方法がMorrowind・Fallout3にも有効です。

Bethesdaの公式フォーラムを見ているとよく、
「ランダムでCTDするんだけど原因がわからない。助けて!」
というスレッドが立ちますが、
それに対して、
「まずiniからサウンドを切ってCTDするか確かめてみて」
というアドバイスがよくされています。

どうもOblivion・Morrowind・Fallout3で使われているサウンドシステムは、まず不具合の原因として疑われるほどかなり不安定なもののようです。

もしMODを入れていないVanilla状態でさえCTDしてしまうという方は、まずサウンド関連を疑ってみるといいかもしれません。

続きを読む

MGEのような3DエフェクトがOblivionでも使えるようになるかも?

Oblivionのフォーラムを眺めていたら興味深いニュースと動画があったので紹介したいと思います。

YouTube Crepuscular rays test for TES 4: Oblivion

Textureを使った擬似的な光芒(光のすじ)とは違って、リアルタイムで光芒が表現された美しい光景になっています。

これは前に紹介したMorrowindのMGEというグラフィック強化ツール用に作成された「Godrays」のShaderをOblivionに適用したテスト動画だそうです。
MGEではこのGodraysの他にも、被写界深度、SSAO、水をリアルにするものなど、グラフィックを大きく強化するShaderが使えます。

こうしたエフェクトを3Dゲームに使用するために必要になるのが「Depth Buffer」という値なのですが、Morrowindと違ってOblivionではこのDepth Bufferの値がわからなかったため、こうしたエフェクトをOblivionに使うことが出来なかったそうです。

が、つい先々日に「OBGE」の作者さんがOblivionでのDepth Bufferの場所を発見しました。

http://www.bethsoft.com/bgsforums/index.php?showtopic=1045352&view=findpost&p=15183479

続きを読む

Wrye Bash /Mashのダウンロード

現在のところWrye Bash/Mashの公式ページ「http://wrye.ufrealms.net/」がアクセス出来なくなっているようです。TESNにもツールがアップされているので必要な方は下のページからダウンロードができます。

Wrye Bash

Wrye Mash

様々な行動が経験値になるレベリングMOD「Oblivion XP Levelling」

従来のRPGのように敵を倒したり、戦い以外の方法で経験値を得られるようになるレベリングMOD「Oblivion XP Levelling」の紹介です。「Oblivion Mod 翻訳所」で有志の方による日本語化パッチも公開されています。

戦闘以外では、クエストクリア・開錠・盗み・ポーション作り・説得・投資・読書など様々な行動で経験値が貯まります。
盗みと開錠で経験値を貯めていく盗賊プレイや、ポーション作りでの生産職プレイなどよりロールプレイの幅がより広がると思います。

コンパニオンによって敵を倒した場合も経験値を得られるのでパーティープレイもしやすいです。

Attribute・Skillはレベルアップごとに自分の好きなものを上げられるので、単調なSkill上げ行為を行う必要も無くなります。自分の得意なSKillほど上げやすいのでキャラ作成時にSpecialization・Majorに選ぶSkillが大切になります。

また十分な睡眠を取ることでRated XPというボーナスPが貯まり、そのポイントがつきるまで経験値が2倍に増えるなど、意味の薄かった睡眠も役立つようになっています。

続きを読む

Home > 2009年10月

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Linkについて

トップ・各ページへのリンクはご自由にどうぞ。

Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。