Home > 2009年03月

2009年03月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

BOSSのデータベースが久々にアップデート

去年の11月以降更新が止まっていたBOSSのデータベースファイルが久々にアップデートされました!

Better Oblivion Sorting Software - BOSS→「Database 26 Mar 09 」
[2009/6/27追記:現在の最新版は「23 June 2009」です]

MMM3.7、Cobl Races等々、対応MODが増えています。



▼BOSS解説ページ
「Better Oblivion Sorting Software - BOSS」 ロード順を最適な順番に並び替えてくれるツール


「Stealth Overhaul」Sneakバランス調整MOD

Sneakのバランス調整を行い、盗賊・暗殺者に適した装備がより隠密行動・Sneakアタックに重要になるMOD「Stealth Overhaul」紹介です。要OBSEv007以上。

このMODを導入するとSneakシステムに以下のような変更・調整がされます。

・Sneakアタックの威力が単に両手・片手による違いだけでなく、武器の振りの早さ・リーチ(武器の届く範囲)によって変わるようになります。片手武器のロングソードでも奇襲に適さない振りの遅い物ならSneakアタックでも攻撃力が増えず、 逆に隠密に適したダガーなら最大15倍の威力になります。

・弓のSneakアタックの威力にMarksman Skillも関係するようになります。

・重装を身につけたままのSneakや、武器・盾を構えたままSneakすると、Sneak Skillにペナルティを受け敵に見つかりやすくなります。

・重・軽装防具を装備してない状態だとSneak Skillに10%のボーナスがつきます。

・SneakアタックでNPCが生きていても再び隠れられる可能性が増加します(Attack and Hideのharderと同等)

・キーを押している間だけSneakをするキーや、装備一式を変更するキーなどを追加します。

・Stealthoverhaul.iniで設定値のカスタイマイズが出来ます。

続きを読む

Bananasplit Better Cities - HTS with Cooking 2.0.3改 互換パッチ

自分用に作った物ですが、よければ使ってください。

Bananasplit Better Cities - HTS with Cooking 2.0.3改 互換パッチ v1.0.2
-HTSC 2.03改Coblでも使えます。
-BBCはv4.1.3でチェックしましたが井戸に変更点がない限り4.1.3以外のVerでも使えると思います。


v1.0 公開
v1.0.1 BBC-HTSC Patch.espをBetter Imperial City.espより後ろにするとImperial Cityの地面がずれるのを修正しました。
v1.0.2 Cobl Main.esmがマスター指定されていたのを取り除きました。Cobl未使用環境のためにゲームが起動しなかった方はお手数ですがv1.0.2にアップデートしてください。



▼パッチ内容

Bananasplit Better Citiesを導入すると街の井戸がBBCのものに置き換えられるため、HTS with Cookingで井戸から水を飲んだり水を汲むことが出来なくなります。

このパッチではBBCの井戸にHTSCのScriptを付けることでBBC環境でもHTSCで街の井戸を使えるようにしています。またBBCの建物によって埋もれてしまったHTSCの井戸、BBCの井戸と重なっているHTSC井戸を非表示にしています。

続きを読む

「Musical Immersion」戦闘音楽に緊張感と没入感を与えるMOD

Oblivionのシステムは敵がプレイヤーを認識した時に戦闘音楽が鳴り出す仕様のため、敵がどこにいるのかプレイヤーがわかっていない時でさえ、敵に見つかったのが事前にわかってしまいます。そのためいきなり敵と出くわす驚きや、不意打ちを仕掛けられる驚きをあまり味わえません。

今回紹介する「Musical Immersion」は攻撃的な敵がこちらに向かっている姿をプレイヤーが視認した時、また視線外の敵がすぐ近くまで接近している場合のみ戦闘音楽が始まるMODです。要OBSE。

これにより敵が襲いかかってくるずっと前から戦闘音楽が流れるというゲームの没入感を削ぐことが起きず、まるでプレイキャラの戦闘の緊張と同期するように戦闘音楽が始まってくれます。

視認していない敵はかなり近づかないと戦闘音楽が鳴らないため、背後から不意打ちを喰らうのとほぼ同時に戦闘音楽が鳴ったり、敵の存在に気付かずに走り抜け、それを追いかけてきた敵を目で確認してから音楽が鳴るなど、戦闘音楽だけで敵の存在を事前に認識することが難しくなり、よりゲームにリアルさと緊張感が生まれます。

戦闘を終えた後も、戦闘の緊張感が解けるまで戦闘音楽の終了がランダムで遅れます。
そのため戦闘音楽だけで自分を狙っている敵がいなくなったのか瞬時に判断が付けることが難しくなっています。

また通常なら戦闘が終わってすぐ流れ始める通常音楽の始まりが時々遅れ、数分間無音楽の状態になることがあります。通常音楽同士のつなぎ目も同様です。
これにより次の音楽が始まるまで、風の音・鳥の声・喧噪などゲームの環境音のみを聞く時間帯ができます。

続きを読む

「Duke Patricks Basic Hypothermia」寒さをよりリアルにするMOD

Brumaなどの寒い場所や雨などで身体が濡れたままだと体温が奪われて身体が震え、寒い状態が続くと低体温症になってステータスにペナルティを受けるMOD「Duke Patricks Basic Hypothermia」の紹介です。TESNからはDLできませんがMirrorsからDLページに移動できます。
(注:以下の記事はこのMODが一度配布停止になる前の旧バージョンのものなので、現Verの仕様とは異なっている点があるかもしれないことをご了承ください。)

Duke Patricks Basic Hypothermia Shiver
寒い場所では身体が震え、視界がブレます。

冷えた身体を暖めるには街やキャンプにあるたき火・暖炉のそばで暖を取る必要があります。

Duke Patricks Basic Hypothermia Warm

体温の低下を防ぐために寒さの厳しい場所では日中に行動、身体が冷えたまま寝ない、雨が降ったらずぶ濡れになる前に屋内に避難するなど、よりリアルなプレイが必要になってきます。

続きを読む

「Cyrodiil Travel Services」各都市へ送ってくれる荷馬車を追加するMOD

各都市の厩舎に御者と荷馬車を追加し、他の都市へ送ってくれるMOD「Cyrodiil Travel Services」の紹介です。

有志の方による日本語化パッチも公開されています。「派生版Mod - Oblivion 日本語化 Wiki 避難所

荷馬車での移動はファストトラベルと同じですが、旅の雰囲気作りに一役買ってくれます。ファストトラベル禁止プレイでの代わりの移動手段としても使えます。

御者は厩舎のそばに居を構えていて、彼らに話すと30~50Gほどで他の都市の入り口まで送ってくれます。また都市の近くのランドマーク(Ayleid遺跡・砦など)の情報と、地図に印を付けてくれます。

Cyrodiil Travel Services 1
厩舎のすぐ近くに御者が居を構えます。

続きを読む

TES4EditでMODをクリーニング

今回はMOD制作者さん向けの内容ですが、自分でクリーニングされていない使用MODを綺麗にしたいユーザーの方にも役立つかもしれません。

CSでCellを編集していると、動かす気のなかったオブジェクトに触れて動かしてしまうことがあります。そんな時は通常Undoでオブジェクトを動かす前の状態に戻します。

しかしたとえUndoで見た目上は元に戻っても、実際にはそのオブジェクトは「編集された」ことになってしまいます。
そのため他のMODが同じ箇所を変更していた場合、元に戻したはずのデータが競合を起こして他のMODの変更点を上書きしてしまうことがあるのです。

Path Gridは設定点を選択しただけで編集したことになってしまうので、オブジェクト以上にそうしたデータが発生しやすくなっています。

TES4EditClean_PathGrid.jpg
視点変更の起点にしようと選択しただけでも編集したことになってしまうPath Grid。

またCellの編集以外でも、Vanilla状態と同じなのに編集されたことになってしまうデータが存在します。たとえば一部分のScriptしか編集していないのにScriptをRecompile Allすると、実際にはまったく変更されていない他のScriptまですべて再編集され、他のMODと競合を引き起こす上にespの容量も膨れあがってしまいます。

MOD制作者の意図しない編集によるこれらの「汚れたデータ」は、そのままにしておくと他のMODと無用な競合を引き起こしてしまいます。それを防ぐためにMOD制作の最後にTES4Editを使ってそれらの汚れたデータをクリーニングするといいでしょう。

TES4EditはVanillaとMODのデータを比較して、変更点がないのに編集されたことになっているデータだけを取り除き、他のMODとの競合を必要最小限にしてくれます。

他にも終了時CTDを引き起こしやすくなるVanillaオブジェクトの削除をしてしまった場合も、TES4Editを使って戻すことができます。

同じようなことが出来るツールにTES4GeckoのClean Plugin機能がありますが、TES4Editと比べるとクリーニング精度が低く、Path Gridもクリーニングできません。

続きを読む

Respawn時間分の待機でCTD要因を取り除く

weOCPSの作者さんがフォーラムで以下のような助言をしていたので、補足も交えて紹介します。

Windom Earle's Oblivion Crash Prevention System, Thread #2



CTDで悩まされる人々のために、以下の手順を行うことを推奨します。

1. いくつかあるTest Cellのどれかへコンソールのcocで飛ぶ。
 「coc testinghall」など。

2. その場所で72時間(Respawn時間分)待機する。
 もしRespawn時間を延ばすMODを使用していたらその時間分待機してください。そういうMODが使っているかわからない場合は、コンソールから「GetGameSetting IHoursToRespawnCell」を打ち込むとRespawn時間が表示されます。

3. セーブをしてOblivionを終了する。

4. ゲームを再起動してセーブデータをロードした後もう一度セーブしOblivionを終了する。

5. Wrye Bashのセーブ機能「Remove Bloat」をセーブデータに実行する。
 Remove Bloatを適用するのがちょっと心配な場合は、実行前にWrye BashのBackup機能を使用してください。

6. Oblivionを起動しcocでどこかの場所に戻る。「coc weye」「coc ICMarketDistrict01」など。

続きを読む

Home > 2009年03月

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Linkについて

トップ・各ページへのリンクはご自由にどうぞ。

Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。