Home > 2009年02月

2009年02月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

The Elder Councilの日本語化パッチがリリース

前にブログでも紹介した「The Elder Council」v1.9の日本語化がOblivion Mod 翻訳所で進められていて僕も楽しみにしていたのですが、ついに日本語化パッチのベータ版がリリースされました!

Oblivion Mod 翻訳所

翻訳にかかわった有志の方々本当にありがとうございます!

日本語化パッチは現在のところThe Elder Council v1.9&DC The Elder Council v2.0に対応しています。DCのv2.01以降にはまだ対応していませんが、同梱の日本語テキストをCSでインポートすることは可能です。

「Fast Exit」PluggyなしでCTDを起こさず終了できるOBSEプラグイン

OblivionをCTD無しで終了出来るOBSEプラグイン「Fast Exit」の紹介です。要OBSE v0016。

前に同じタイプのMOD「Exit Oblivion With No Crash Guaranteed」を紹介しましたが、そちらとの違いは多機能OBSEプラグイン「Pluggy」をインストールする必要がないということです。

現在公開されているPluggy beta v122にはやや安定にかけるところがあるようで、公式フォーラムにもその問題についてのスレッドが立っています。
Pluggy v122 Crash - A Report, An attempt to gain Elys' attention...
なのでPluggyが安定するまでは使いたくない方には、Pluggyが必要ないFast Exitのほうが便利でしょう。

TESNにはファイルが2つありますが、Exit 1は終了時にiniをセーブしない代わりに一瞬で終了するタイプ、Exit 2はiniをセーブしてから終了するためやや時間がかかるタイプです。
このOBSEを使う場合には機能がかち合わないように「Exit Oblivion With No Crash Guaranteed」はアンインストールした方がいいでしょう。

終了方法は通常通りESCでメニューを開いてQuit→Exit GameでOKです。

前に紹介した「Windom Earle's Oblivion Crash Prevention System」にも特定の終了時CTDを防ぐ機能がありますが、weOCPSはCTDが発生しそうになったら回避するタイプ、Fast ExitはCTDそのものを起こさず終了させるタイプなので、そちらとは問題なく併用できます。

続きを読む

「Windom Earle's Oblivion Crash Prevention System」CTDを防ぐOBSEプラグイン

前に特定のCTD3種類を防ぐOBSEプラグイン「OBSE -Elys- CrashShield」を紹介しましたが、防げるCTDを70種類(2009/3/28時点)に増やした別の作者によるOBSEプラグイン「Windom Earle's Oblivion Crash Prevention System」(通称weOCPS)が公開されました。要OBSE v0012以上、出来るだけ最新版のOBSEが推奨されています。

weOCPS.dllは、data\OBSE\Pluginsフォルダに入れてください。

-Elys- CrashShieldで対応していたCTD修正はweOCPSに含まれているため、weOCPSを使う場合は-Elys- CrashShieldは必要ありません。

weOCPSはまだ試験的なバージョンということもあり現時点では対応CTD70種類のうちテスト済みなのは11種類ですが、それでも自分の環境だと未テストのCTDをかなり防いでくれました。

ただCTDを防いだ後はセーブが出来なくて結局ゲームを終了させるしかないタイプのCTDも1つあったので、テストされていないCTDの修正に関しては完全ではないものもあるようです。またこのOBSEプラグインを導入するとややロード時間が長くなるようです。

weOCPSはまだ試験バージョンのため、使用する際には念のため使用前のセーブデータのバックアップを取っておき、出来る限り最新バージョンのweOCPSを使用するようにしてください。

続きを読む

「Toggleable Quantity Prompt」アイテムを一つずつ/まとめて選択できるMOD

通常のシステムでは複数のアイテムを選択する際、いくつ選択するかの画面が表示されます。
しかし装備品のパーツを1個ずつ買いたい時などは、わざわざ個数を1つに設定する作業がかなり面倒だったりします。

Toggleable Quantity Prompt_Quantity
1個ずつ買いたい時には面倒な個数選択画面。

今回紹介するMOD「Toggleable Quantity Prompt」は、設定キーを押しながらアイテムを選択すると、個数選択画面を表示せずにアイテムを一個ずつ・もしくはまとめて選択できるようになるMODです。要OBSE v0016以上。
アイテム売買での確認画面もスキップするため、売り買いの手間を大きく省けます。

Toggleable Quantity Prompt_Confirm
確認画面もスキップできます。

続きを読む

Home > 2009年02月

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Linkについて

トップ・各ページへのリンクはご自由にどうぞ。

Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。