Home > 2009年01月

2009年01月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

Wrye Bash - Save機能の解説

MOD環境をセーブ時に戻す、MOD環境を過去と比較する、マスター指定の変更・削除など様々な便利機能があるWrye BashのSave機能の紹介です。

MODを増やしていくといつの間にかゲームが不安定になったりしますが、そんな場合に前の安定していた時期にMOD環境を戻したい時などがありますよね。
Wrye BashのSave機能を使うと、安定していたセーブデータのMOD環境に戻したり、過去と今で増えたMOD・足りないMODの比較などが出来ます。

そのほかにもセーブデータのバックアップ・セーブフォルダの切り替え・顔のインポート・セーブデータの縮小など、知っていると便利な機能が多くあります。
まだ使ったことのない方はぜひ活用してみてください。

Wrye Bash main

続きを読む

DR5.0のパッチ情報2

前にこちらのページで、DR5.0のテストパッチのURLを載せましたが、そちらより新しいバージョンがあったので載せておきます。パッチではフリーズや特定のスペルでCTDする不具合などが解消されているようです。

http://fastfreeupload.com/download.php?file=63DRtestfix.zip
現在DLできなくなっています。

上のリンクと同じパッチを、TESNのDR5をomod化した方がアップロードしていました。OMODされたDR5の方もすでにこのパッチが適用されています。

Deadly Reflex 5 OMOD
Fileの欄にあるDR5 hotfixがパッチです。

こちらに差し替える場合は、一度DR5.0をアンインストールしてからゲームを起動してメニューからセーブして前のDRの影響を無くし、そのセーブデータにテストパッチに差し替えたDR5.0を再インストールしてください。
もしDRを削除するとセーブデータがロードできない場合は、Wrye Bashのセーブデータ機能で、「HorseCombatMaster.esm」のマスター指定を削除すると、ロードできるかもしれません。

DR Wrye Bash


またDR5.0のアニメーションバグの修正のために、4.03のPackからesp/esmを削除し、5.0のPackを上書きするといいようです。



Deadly Reflex関連記事
Deadly Reflex 5.0の基本と各動作の解説
Deadly Reflex 5 コンソールコマンド&パッチ情報

「Trainer Find」スキルトレーナーをクエストマーカーで探せるMOD

スキルを上げてくれるトレーナーは各地に存在しますが、いざスキルを習おうとした時にどこにトレーナーがいてどのスキルを教えてくれるのか、どのスキルレベルまで対応しているのかというのはなかなか覚え切れません。さらにそのトレーナーがよく動き回るタイプだと探すのにも一苦労です。

Trainer Find」は望んだスキルのトレーナーにクエストマーカーを付け、簡単に探せるようになるMODです。

Trainer Findの使い方


Tranier Findを使うには、まずIC Market Districtの書店「First Edition」で販売されているスクロール「Master Trainers of Cyrodiil」を購入してください。

購入したスクロールを開くとLesser Powerに「Find Trainer」というスペルと、「Trainer Find」というクエストが追加されます。

Trainer Find Quest

「Find Trainer」スペルを唱えると、どのスキルのトレーナーを探すかのメニューが表示されるので、選んで「Yes」を選択してください。

続きを読む

「Realistic Fatigue」Fatigueをよりリアルに&重要にするMOD

[2009/3/15追記 : v2.1以降はFatigueが0になっても倒れなくなっているようです。記事ではv2.0基準で解説しています]

Vanillaではあまり気にされることのなかったFatigue(疲労)のステータスが、よりリアルに、そして重要になるMOD「Realistic Fatigue」の紹介です。要OBSEv16以上。

このMODについては前に「運動系リアリスティックMOD」でも紹介しましたが、Ver2.0になって新要素なども加わったので改めて紹介したいと思います。

Realistic Fatigueでは現実と同様に、重量・身体の状態・持久力・運動能力などの要素が疲労に関連してくるようになります。重い物を持ったり傷を負った状態では常に疲労した状態になり、疲労状態で後ろ走りなど不安定な動きをするとよろけ・転んだり、疲労がピークに達するとダウンしてしまいます。
そのため戦闘の負担にならないよう持ち運ぶアイテムの重さを調整し、戦闘時にはFatigue管理・移動方向が重要になってきます。

このようにFatigueが減ると様々なペナルティがあるので、Vanillaではほとんど使われることのなかったRestore Fatigueのポーション/スペルが必須になってきます。

こういった要素は敵にも適用されるのでプレイヤーだけが不利になることはありません。

またiniで設定の調整が簡単にできるようになっています。

続きを読む

「Item Interchange」MODアイテムをVanillaや他のMODに出現させるMOD

多くのMODでアイテム・連金素材が追加されますが、それらのMODが自発的にVanillaのLoot+Vender Listにアイテムを加えないかぎり、通常のMob・Chest・Shopで出現することはありません。

Item Interchange」(通称II)はVanillaとMODの追加アイテムを統合して、Vanillaや他のMODのMobやChestからそれらのアイテムが出現したりShopで販売されるようになるMODです。要COBL v1.71以降・Wrye Bash v210以降。

最新版のCOBLにはItem Interchangeが含まれており、インストール時に導入するかを選択することが出来ます。ただCOBL版はややバージョンが古い場合もあります。

[2009/7/7時点]
TESNのItem Interchange v0.76
COBL v1.71に含まれているItem Interchange v0.74

Item Interchangeでは素材として使われるMODと、その素材が反映されるMODに分かれます。
例えばCOBLは素材として使われ、それがLost SpireやIvellonなど他のMODから出現します。

続きを読む

Deadly Reflex 5 コンソールコマンド&パッチ情報

前に紹介したDeadly Reflex 5ではPC・NPC共に多彩なアクションが追加されましたが、レベル差・能力差が大きいと敵がこちらの攻撃を高確率でしゃがみ避けなどしてきます。

そういった強敵に、攻撃が通じるレベル&能力にキャラを育てて挑むのもDR5の楽しさではありますが、強敵相手に魔法や毒矢で戦うプレイが好きな人にはこの仕様はやや厳しいものがあります。

今回はそういったバランスを自分で調整できる、DRの作者さんがForumで公開したコンソールコマンドを紹介します。しゃがみ避け・バッシュ・止めなど、DR5でのPC・NPC両方の行動確率を変更できます。

続きを読む

「Enchantment Enhanced」防具に複数のエンチャントを付けられるMOD

あけましておめでとうございます、今年もよろしくお願いいたします。

今回は複数のエンチャントを防具に付けられるMOD「Enchantment Enhanced」の紹介です。要OBSE v15以上。有志の方による日本語化パッチもあります。

複数エンチャントといっても1つの装備に何個もSoul Gemを使うのではなく、1つのSoul Gemの容量を分けてエンチャントし、分割するほどエンチャントは弱まるので強すぎないようになっています。

Enchantment Enhanced SS1
防具に複数のエンチャントが可能になります。

他にも矢にエンチャントする機能、常時効果の武器エンチャント、スクロールの作成、スクロールからの魔法習得などが可能になります。

前に紹介した、アイテムのエンチャントを消せるMOD「Enchantment Master」と組み合わせるとより自由なエンチャントが出来ます。

続きを読む

Home > 2009年01月

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Linkについて

トップ・各ページへのリンクはご自由にどうぞ。

Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。