Home > 2008年10月

2008年10月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

「Better Oblivion Sorting Software - BOSS」 ロード順を最適な順番に並び替えてくれるツール

MODを正しく動作させるために非常に重要になるのが各MODのロード順です。
しかし数多いMODの内容を把握し、正しくesm/espを並び替えるのは非常に手間と時間がかかります。
そんなMODの並び順をクリック1つで適切な順番にしてくれるツールが「Better Oblivion Sorting Software」(通称BOSS)です。

以前は「FCOMhelper」と呼ばれ、FCOMのロード順整理ツールとして活用されていましたが、名前を改めてFCOMを使用していない環境にも正式に対応しました。現在8,000以上のMODに対応しています。

このツールは一度使用するとわかると思いますが非常に便利です。今まで使っていなかった方もぜひ使用するのをお勧めします。

対応MODが膨大なためすべてのMODが100%正しいロード順になるとは限りませんが、ロード順が合ってるかいまいち不安だった方は、BOSSによる並び替えで多くのロード順による不具合が解消すると思います。

また、BOSSはロード順の並び替えだけでなく、MODに付けるべきBashタグの情報や、同時に使用してはいけないMODの情報なども教えてくれるので、それに従うことでさらに安定性が増します。

続きを読む

「Tamriel Travellers」旅人追加MOD

Cyrodillの道中にNPCを追加するMODはいくつかありますが、その中でも特に好きなのがTamriel Travellersです。

他の街道NPC追加MODは特に目的なくNPCが道を歩いているだけのものが多いので、ちょっと味気ないんですよね。
Tamriel TravellersのNPCは道を往復するだけじゃなく、街の中や各地に点在している宿屋・遺跡なんかを渡り歩いているので生活感みたいのを感じられます。

Tamriel Travellers_Guarをお供に行商
荷馬車代わりにGuarを連れているNPC。

続きを読む

馬を調教して様々な行動を設定できるMOD「Horse Commands Revamped」

馬を調教して様々な行動を設定できるMOD「Horse Commands Revamped」の紹介です。
使用にはObMM v1.1.9以上と馬の位置がクエストマーカーでわかるMOD「Dude, Where's My Horse?」も必要になります。

「Horse Commands Revamped」「Dude, Where's My Horse?」の日本語化パッチをMaroさんが公開してくださっています。
まろゝぐ 愛馬調教MOD『Horse Commands Revamped』

馬調教MODは同じようなタイプのものが他にもありますが、こちらはMODで追加された馬にも効果があります。

調教をすると、戦闘時に邪魔にならない場所まで自発的に移動したり、街の中やOblivion Gate内に連れてくることなどが可能になります。

Horse Commands Revamped City

続きを読む

エラーを回避してCTDを防ぐ「OBSE -Elys- CrashShield」

Oblivionで遊んでいるとどうしても発生してしまうのがCTD。
これはシステム上どうしようもないのかな…と思っていたのですが、特定の状況で起きるCTDならOBSEプラグイン「OBSE -Elys- CrashShield」で防ぐことできるようです。要Oblivion Ver 1.2.0.416 and OBSE12以上。

といっても現在(OBSE -Elys- CrashShield v4)のところ、このOBSEプラグインで防げるCTDはまだわずかで、その恩恵を受けられない方も多いかと思います。

それでもCTDを防げる仕組みが生まれたことは今後に期待がもてるので紹介させていただこうと思います。

「OBSE -Elys- CrashShield」は、Oblivionのプレイ中に特定のエラーが発生しそうになったらそれを回避するコードをOblivionのプログラムに返すことでCTDを防ぐようです。
インストール方法は「Oblivion\Data\OBSE\Plugins」に「Elys_CrashShield.dll」をコピーするだけです。

現在のところ防げるのは以下の3つのエラーで、Brumaに入った時に起きるCTD、不良espなどがある時に起こるスタート時CTD、特定のランダムCTDに対する修正です。

000f00d5
0018b258
00240fc4

続きを読む

海賊になれるMOD「The Pirate Isles BETA」

海賊になって船を襲えるMOD「The Pirate Isles BETA」の紹介です。
海賊というと公式DLCの「Thieves Den」が思い浮かびますが、あちらは海賊としての活動が実際にはほとんどなく、部下のNPCに略奪命令を下すと後からゴールドを得られるだけです。

The Pirate Isles BETAではプレイヤーとその手下の海賊で実際に商船を襲って略奪することができます。
また海賊としての評価が上がると秘密の隠れ家が持て、様々なアップグレードが出来ます。

The Pirate Isles BETA Blackhorn Town
始めの拠点となる島Blackhorn Town。まずはここで自分の船や手下を得ていきます。

The Pirate Isles BETA plunder1
手下と共に商船を襲い積荷を略奪。

以下では海賊として略奪をし隠れ家を得るまでの手順を解説します。
ストーリー重視のMODではありませんが、解説上多少ネタばれが含まれてしまうので、自力でやりたい方は注意してください。

続きを読む

終了時CTDを起こさず一瞬でOblivonを終了できるPluggyのhaltコマンド

前回の記事「Oblivion終了時にCTDする原因」で、MODを減らさず終了時CTDをなくすのは難しいかもしれない、と書きましたが、その後もフォーラムで情報を集めていたら、「Pluggy」というOBSEプラグインに、終了時CTDを起こさず一瞬でOblivionを終了できる便利なコンソールコマンドがあることを知りました。

「Pluggy」は新たなScript命令などMOD作成に便利な機能を追加する多機能OBSEプラグインですが、その中に「halt」というコマンドがあり、それをコンソールから入力すると一瞬でOblivionを終了しデスクトップ画面に復帰できます。

Pluggy halt

初めて使った時は本当に一瞬でデスクトップに戻ったのでびっくりしました(笑)
終了時CTDも起きず、Exitからの終了やコンソールコマンド「qqq」よりもずっと早くゲームを終了できるので、終了時CTDが出る人だけでなくExitから正常終了できる人にも便利なコマンドだと思います。

続きを読む

Oblivion終了時にCTDする原因

MODをたくさん入れて遊ぶようになったらいつの間にか、OblivionメニューのExitから終了すると「問題が発生したため、Oblivionを…」というエラーメッセージが出て、正常にゲームを終了できなくなった人は多いと思います。

Exit CTD
もはやおなじみ?のエラーメッセージ。

終了時にCTDするとゲーム中に変更したセッティングが保存されないので困ってたんですが、コンソールコマンド「saveini」でゲーム中にセッティングが保存できることを知ってからは、特に実害がないので気にしなくなりました。

メニューからの終了だとデスクトップに戻るまでに時間がかかるので、普段はCTRL+ALT+DELでタスクマネージャーを出してOblivionを終了させるようになってましたしね。

ただ終了時CTDの原因は何なんなのか?というのは興味がありました。

Bethesda Game Studios Forumsを覗いていたら「Regarding the CTD on exit bug, Possibly new findings」というスレッドにこの症状に関する情報が載っていたので読んでみると、大まかに3つの原因が指摘されていました。

続きを読む

アイテムを種類別に一瞬でしまえるMOD「The Art of Speedy Depositing」

Oblivionのシステムでは、アイテムを収納するコンテナに収納数の制限はありませんが、入れすぎると開け閉めが次第に重くなり、しまいにはバグで溢れてしまうことすらあります。
そのためある程度アイテムが貯まってきたら複数のコンテナに分けて管理する人が多いと思います。

しかしインベントリアイテムの区分けはかなりおおざっぱで、その中から細かく仕分けるのはかなり大変ですし手間がかかります。

今回紹介するMOD「The Art of Speedy Depositing」は、コンテナに魔法を唱えるだけで、手持ちのアイテムから設定した種類のものだけを一瞬でコンテナにしまってくれます。要OBSE13以上。
しまう種類は武器・防具タイプ別、素材、雑多品、自作エンチャント品のみなど細かく設定できます。

The Art of Speedy Depositing class
こんな風にコンテナごとにしまいたいアイテムを設定してスペルを1回唱えれば、
手持ちアイテムを自動的にすべてのコンテナに振り分けてしまってくれます。

続きを読む

商人との取引をよりリアルにするMOD「Living Economy」

[2009/11/8:Enhanced Economyについて追記しました]

商人の最大取引額のリアルタイムな変化や、アイテムの相場変動など、
Oblivionの取引システムをよりリアルにするMOD「Living Economy」の紹介です。

Living EconomyはFran・OOOに標準で導入されているのですでに使用している方が多いと思いますが、かなり多くの要素があるMODなので、追加・変更点を改めて紹介したいと思います。

Living Economyには「Living Economy.esp」と「Living Economy - Items.esp」の2つがあり、それぞれ追加される要素が違います。両方使うとLiving Economyの機能をフルに楽しめますが、どちらか片方のみの使用も可能です。
「Living Economy - SI.esp」は「Living Economy.esp」のSI対応版です。どちらかを使用してください。

「Cutthroat Merchants.esp」は、売買の難易度をより高くするオプションです。
商人の販売品は高くなるのに対し、こちらが売る時にはかなり安く買われます。また値段交渉もかなりシビアになっています。
ノーマルのLiving Economyだとぬるいと言う方は、こちらをLiving Economyより後ろのロード順に置いてください。

Francesco版のLEは、デフォルトより少し値段交渉がシビアになっているかわりに、最大取引額が高めに調整されています。

続きを読む

Home > 2008年10月

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Linkについて

トップ・各ページへのリンクはご自由にどうぞ。

Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。