Home > 2008年09月

2008年09月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

NPCの性格に合わせた説得を行うMOD「Persuasion Overhaul OBSE」

VanillaのシステムではNPCとの友好度を上げるための説得がミニゲームになっており、NPCの性格による違いなどなく同じように友好度が上げられてしまいます。
Speechcraft Skillはミニゲームの円を一つ回せる能力が増えるJourneyman以降は重要ではありません。

Persuasion Overhaul OBSE」は友好度上げミニゲームを廃止し、相手の性格・種族・性別を考えてadmire(賞賛)・joke(冗談)・boast(自慢)・coerce(脅迫)を使い分ける必要があります。要OBSE16以上。
Speechcraft・Personalityなど自キャラのステータスも会話成功率に関係するようになります。

Persuasion1.jpg
NPCの性格に合った選択肢を選ぶことで友好度アップ。

Persuasion2.jpg
専用会話を始めるには、選択肢に追加される「-Persuade」を選びます。

それぞれの選択肢の成功率は以下の条件が組み合わさって決まります。

続きを読む

ICEXPANDでCTDする場合の対処法

前に紹介したMOD「ICEXPAND - Imperial City Expanded」で、発生条件がはっきりとしないのですが、ある時点から待機・睡眠・Fast Travelを行った後にCTDを起こすことがあるようです。

ICEXPANDをアンインストールすればCTDは起きなくなるのですが、こういう症状はMODのAIパッケージが原因の場合が多いので調べてみたところ、原因らしいAIが見つかりました。それを削除したら自分の環境ではICEXPANDを使ったままでもCTDが起こらなくなったので対処法を書いておきます。

環境によっては原因となるAIが異なる場合があるかもしれませんが、もしICEXPANDを導入してから待機後などにCTDが起きるようになった方は試してみてください。

続きを読む

一人称視点を斜め後ろからのアングルにするMOD「Custom 3rd person view」

Custom 3rd person view」は、一人称視点をバイオハザード4などの三人称シューティングによく使用される斜め後ろからのアングルに変更するMODです。OBSE無し版と、OBSE版があります。OBSE版はv16以上が必要です。

Custom 3rd person view stand

Custom 3rd person view bow


この視点だと自キャラのモーションがよく見えて臨場感があり、三人称視点より近場の小物をActivateしたり掴むのが簡単です。

DMC Stylish - Animation Replacer」などの攻撃モーション変更MODと併用するとかなり迫力がでます。

Custom_3rd_person_view_DMC.jpg

続きを読む

FCOM ArcheryとRealSword・MMM H&Cの弓攻撃力の互換を取る

バランス調整系MOD「Francesco's Leveled Creatures-Items」では、弓の攻撃力を増してより致命的にする調整がされています。
FCOM」にもその攻撃力を反映するためのesp「FCOM_Archery.esp」があり、今までそれを有効にして遊んでいたんですが、どうもFCOM9.9から追加されたRealSwordの弓が弱く、せっかく色々な弓矢が追加されているのに力不足で実践でいまいち使えません。
仕様にしてはちょっとおかしいような…?と思って調べてみたらやっぱり9.9に付属の「FCOM_Archery.esp」ではRealSwordの弓は調整されておらず、それ用の調整MODがありました。

FCOM Archery for FCOM Real Swords

これを使うことでRealSwordの弓がFCOM_Archeryに見合う強さになります。
これなら十分RealSwordの弓を実践で使えますね。

またこちらも見つけたので紹介しておきます。
FCOM Archery
FCOM9.9付属のFCOM_Archery.espではFranとOOOの弓しか強化されていませんでしたが、こちらは、MMMのHunting&Craftingで作成できる矢もFCOM_Archery向けに強化されています。
添付されている「FCOM_ArcheryHunting&Crafting.esp」ではMMM Hunting&Craftingの角矢の攻撃力が強化されています。

DaedraによるTamriel侵攻を強化するMOD「Enhanced Daedric Invasion」

メインクエストを進めていくと各地に開く「Oblivion Gate」
そこからMehrunes Dagonの配下たちがTamrielに侵攻し、国が災禍に見舞われていく…はずなのですが、
Vanillaではクエストに関連したGate以外はほとんどTamrielに影響がありません。
そしてGateの閉じ方がわかったにもかかわらず、相変わらずGateを閉じて回っているのは主人公一人…

Enhanced Daedric Invasion」はOblivion GateからのDaedra侵攻を強化し、Daedoraが街に侵攻してくるようになります。Oblivion Gateの数が多いほど侵攻が激しくなるので、Gateを閉じる重要性が増します。さらにTamrielの人々もOblivion Gateを閉じるために活動するようになります。

MODをプレイするためにはOblivion Gateが各地に出現するところまでメインクエストを進める必要があります。すでにメインクエストを終了させている場合はGateもなくなっているのでこのMODの要素は楽しめません。

また「Oblivion Mod 翻訳所」にて有志の方々による日本語翻訳パッチが公開されています。

Enhanced_Daedric_Invasion1.jpg

Enhanced_Daedric_Invasion2.jpg

続きを読む

敵NPCと休戦・降伏要求ができるMOD「Diplomacy and Mercy」

OblivionではNPCと戦闘になった場合、防御を押しながらActivateすることで説得することができます。しかしこの方法は街の人間やガードくらいにしか効果がなく、Banditなどの敵NPCにはまず効きません。

Diplomacy and Mercy」は、たとえ相手が敵NPCであっても休戦や降伏要求ができるようになります。

MODを導入すると「Truce(休戦)」と「Demand Surrender(降伏要求)」のスペルがLesser Powerの欄に追加されるので、それらを使って休戦の話し合いや降伏要求を行います。

続きを読む

Imperial Cityに地下街を追加するMOD「ICEXPAND - Imperial City Expanded」

Imperial Cityに広大な地下街を追加するMOD「ICEXPAND - Imperial City Expanded」の紹介です。

MODを導入するとImperial Cityの各地区に地下街への入り口が追加されます。
地下街は6地区(Market、Arena、Arboretum、Temple、Talos Plaza、Elven Garden)あり、店・居住地・倉庫・ガード詰め所などの他、各地区特有の場所があります。NPCも200人以上追加され、AIに基づいて生活しています。

ICEXPAND_Entrance.jpg
Market Districtの地下街入り口。Bananasplit Better CitiesもICEXPANDに対応しています。

ICEXPAND_View.jpg
MarketDistrictの地下街。露店が並んでいます。

続きを読む

Tamriel中にゾンビ感染が広まっていくMOD「ZOMBIES! - 28 days and a bit V2」

ZOMBIES! - 28 days and a bit V2」は、まるでゾンビ映画のようにTamrielの住民がゾンビになる病気に次々に感染し、国中がゾンビの大群で覆われていくMODです。要OBSE。

一般のクエストMODのように用意されたストーリーがあるわけではなく、ゾンビに浸食されていくTamrielを自分で演出して楽しみます。

zombie_outbreak1.jpg
ゾンビによって荒廃した街。

zombie_outbreak2.jpg
大量のゾンビの前にNPC達はなすすべなく倒れ、または感染し同じゾンビへとなっていきます。

ゾンビの数・他の街へ広まる確率・強さなどは自由に設定出来るので、数人のゾンビがきっかけで街中に感染が広まっていく状況を作ったり、すでに大量のゾンビで破壊されつくした街で生存者を救い出すなど、自分なりのストーリーを考えながら遊ぶとより楽しめると思います。

細かい設定をするのが面倒なら、あらかじめ設定されたプリセットが数種類用意されているのでそれを選ぶだけでも遊べます。

続きを読む

Wrye BashでBashed Patchを作成[Tweak Assorted編]

Wrye BashのBashed Patchにいつのまにか便利な機能が搭載されていたので紹介します。

Nvidia系のグラフィックボードで発生する特定の場所で画面がまっ黒になる現象(Black Screen)ですが、これを回避するMOD「nVidia Black Screen Fix」「Unofficial Oblivion Patch」は、Vanillaの場所しか対応しておらず、MODで追加・変更された場所には効果がありません。

今までのWrye BashでもMODリストでesm/espをクリックして「nVida Fog Fix」を選択するとMOD単位で修正は出来たのですが、1個ずつ変更しなければなりませんし、何よりesm/espのデータを直接書き換えてしまうのでちょっと不安です。

そこでBashed Patchの選択項目「Tweak Assorted」に追加された「Nvidia Fog Fix」を有効にしてBashed Patchを作成すると、ActiveになっているMODすべてをスキャンしてBlack Screenが発生する箇所を修正したPatchを作ってくれます。

Tweak Assorted

これならespを書き換えずにすむので安心ですしお手軽です。
この機能はWrye Bash 199から搭載された機能のようなので、項目が見つからない人は最新版をダウンロードしてみてください。

続きを読む

Home > 2008年09月

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Linkについて

トップ・各ページへのリンクはご自由にどうぞ。

Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。