Home > MOD紹介

MOD紹介 Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

「Elsweyr the Deserts of Anequina」Elsweyr地方を追加するMOD

[2010/4/24追記:TESNからDL出来なくなった場合は、ミラーの「Megaupload」からダウンロードが可能です。情報をくださったnek-12さんありがとうございます!」

Cyrodiilの南に、荒野・砂漠・ジャングルが広がるElsweyr地方を追加するMOD「Elsweyr the Deserts of Anequina」の紹介です。
MODを導入するとElsweyr地方に地形や建物が追加され、Cyrodiilから地続きで行けるようになります。

Oblivion Mod 翻訳所」にて有志の方々による日本語化パッチもリリースされています。

Elsweyr the Deserts of Anequina Map
Leyawiinの西に広がるElsweyr地方。Skingrad・LeyawiinからElsweyrへ続く道も追加されます。

Elsweyrはまだ完全には出来ておらず、所々未完成のところもありますが、現段階でも充分見応えがあります。
境界線外にも行けるようにoblivion.iniの「bBorderRegionsEnabled=1」を0に変更しておいてください。

ElsweyrではElderScrollシリーズの設定背景に基づいた種族・気候・場所・都市が多く見られます。

Elsweyr the Deserts of Anequina Desert
砂漠。

Elsweyr the Deserts of Anequina Wasteland
赤い荒れ地。

Elsweyr the Deserts of Anequina Jungle
ジャングルなど様々な気候が見られます。

Elsweyr the Deserts of Anequina Jungle 2

続きを読む

「Immersive Field of View」広さ&遠さを感じるFOVに自動調節するMOD

[2011/4/8:guminさん作のNehrim対応版へのリンクを追加しました]

今回は広さ&遠さを感じるFOVに自動調節する自作MOD「Immersive Field of View」を紹介させていただこうと思います。要OBSE。

[追記:guminさんがNehrim対応版のImmersive Field of Viewを作成してくださいました。]
Nehrim対応版

Oblivionをプレイしていると、野外や建物などのスケールがミニチュアチックというか全体的に狭く凝縮されているように感じることがあります。

3DゲームはOblivionに限らず実際のスケールよりかなり凝縮して作られているものですが、Oblivionは特にそう感じやすいようです。

どうもその原因の一つに、視野角「Field of View」(FOV)が関係しているようでした。

一般的にFOVが大きいほど広い範囲がモニターに映り、視野内の空間や建物がより広く遠くへ見えるようになります。しかし大きくするほど画面の端の空間が歪んで見えやすくなります。

逆にFOVを狭くすると視野内の空間や建物がより近く狭く見えますが、画面の端が歪まずに正確に見えるようになります。

3Dゲームでは一般的にFOV 90が使われていますが、OblivionではFOV 75が使われており、これが空間を狭く感じさせている原因の一つになっているようです。

そこでImmersive Field of Viewでは、画面の歪みを感じにくい野外ではFOVを高めにして世界のスケール感を出し、戦闘中は敵が遠めに見えてしまうことで迫力が失われないようにFOVを下げます。現実の人間の視野も、散歩している時などは視野が広く、何かを集中して見る時は視野が狭まるそうです。

Immersive Field of View Exterior75-93
FOV 75(Vanilla)とFOV93(ImmersiveFOV)で同じ場所から撮影した比較SS。

続きを読む

「MMM omod Installer」最新版のMMMを選択式でインストール出来るOMODの作成法

[2010/2/17追記:現Verのインストーラーでは、インストール時にダミーのMMM.espを使う方法にすると、BSAがインストールされないバグがあるのでご注意ください]
[2010/2/12追記:しとしんさんのMMM日本語化パッチが3.7beta3pr3版になりました]

最新版のMMMを使用するESPを選択しながらインストールできる「MMM omod Installer」の作成法の紹介です。

omod Installer形式にすると、インストール時に必要なESPだけを選択できるようになる他、FCOM環境時などに互換性のあるESPだけをインストール選択肢に表示してくれます。

インストール手順はこちらのフォーラムを参考にしました。
MMM and FCOM omod Installers, MMM and FCOM Installation made easy!

また日本語化wiki - 派生版MODのページにて、しとしんさんがMMM omod Installer・およびMMM本体の日本語化パッチを公開なさっています。

続きを読む

OBGEv2のShader導入方法 & Godraysベータ版の感想

[2010/5/26追記:OBGEv2と特定のOBGE MODを使うとCTDする場合について追記しました]

太陽による光芒や被写界深度など、特殊な画面効果を出せるOBGEv2 Shaderの導入方法の紹介です。

▼Shaderの紹介記事・およびOBGEv2フォーラムのリンク
Godrays Tweak版(ブログ記事)
DoF・SSAO(ブログ記事)
フォーラム
要最新版のOBSE。Pixel Shader 3.0の使えるビデオカード。

続きを読む

「Friendly Merchants buy stolen items」友好的な商人が盗品を買い取るようになるMOD

[2010/6/6追記:最新版のv0.91では名声・悪名ではなく懸賞金によって買い取ってくれる可能性が変動するようになりました]

友好的な商人が盗品を買い取るMOD「Friendly Merchants buy stolen items」の紹介です。要OBSE。

OblivionのシステムではResponsibility(責任感)が30以下の商人は盗品を買い取るようになっていますが、VanillaではそのNPCはInn of Ill Omenの主人しかいません。
そのため盗品を売りたい場合は基本的に盗賊ギルドに入るしかありませんでした。

このMODを導入すると、PCとの友好度が高い(最低75以上)商人はそれが盗品であっても買い取ってくれる可能性があります。PCにかかっている懸賞金が低いほど、商人のResponsibilityが低いほどその可能性がさらに高まります。

「この人が売りに来る商品が盗品ということはないだろう」
「仲のいいこの人の売り物だったら多少の怪しい点には目をつぶろう」
という感じです。

逆にプレイヤーにかかっている懸賞金が高いほど「この人が売りにくるものは信用できない」ということで、買い取ってくれる可能性が減ります。

善人プレイでもふとしたことで盗品が手に入ることがありますが、そうした時にも役立つMODだと思います。

Home > MOD紹介

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Linkについて

トップ・各ページへのリンクはご自由にどうぞ。

Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。