Home > 雑記・その他

雑記・その他 Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

近況報告

[9/21の記事です。広告対策に定期的に上げています]

みなさんおひさしぶりです。近況報告もかねてちょっと更新です。
うだるような暑さの夏もすぎてやっと涼しくなってきましたね。
うちはクーラーがない家なのでこの夏は半死状態で過ごしてました(^^;

暑くなって本格的に調子が悪くなってきたビデオカード8800GTをRadeonのHD5850に変えてプレイを再会する予定だったのですが、届いた5850がまさかの初期不良、さらにメーカー検査などの返品処理に三週間もかかってしまいました(TT)

やっと初期不良判定がでた頃には新たにHD5850を買い直す気力も失せてしまい、かといって今の8800GTではObなどの3Dゲームをすると調子が悪いので、HD58系を買い直すよりは、来年発売するらしいHD68系まで待とうかなとも思っています。

また、HD5850で壊れていたのは2D処理のみで3Dの方は大丈夫だったので、返品前に8800GTとHD5850を比較してみたのですが、FPSの伸びはだいたいの場所で1~3ほどと思ったより向上しませんでした。Oblivionだとグラフィックの負荷は8800GTクラスでだいたい頭打ちになって、後はCPUの方が足を引っ張ってしまうのかもしれません。

ただOBGE v2のGodraysを使った場合は、8800GTとHD5850ではFPSに10近い差が出ました。やはり現状ではOBGEv2はnVidiaよりRadeonの方に最適化されているようです。なのでOBGEv2のShaderを常用したい方はnVidiaよりRadeon系のビデオカードの方がいいかもしれませんね。

というわけで軽くではありますが近況報告でした。
最近は自分のブログを確認する頻度も減ってコメントのお返事がとても遅れ気味になってしまい申し訳ないです。今後も似たような状態が続いてしまうと思いますがどうかご了承くださいませ。

[追記:待ちにまったHD58系の後続機種HD69系を買おうと思ったらでかすぎてケースに入らないことがわかり途方に暮れております…トホホ(T▽T) HD68系は58系より性能が悪いし、もうケースごと買い換えるしかないかもですね]

しばらく更新を休みます & SSDの不良セクタによるCTD

申し訳ないのですが、しばらくの間更新を休みたいと思います。

実は何日か前からCTDが頻発していてどうしても原因がわからず(Vanilla状態でもCTD)、悪戦苦闘していたのですが、SSDに不良セクタが発生していたのが原因でした。

WINDOWSのチェックディスクって、「不良セクタをスキャンし、回復する」というボックスを有効にしないと、スキャンしても不良セクタによる不具合は見つけてくれないんですね(T▽T) 当たり前と言えば当たり前ですが…。

そのためSSDに原因があるというのに気付くのがかなり遅れてしまい、最終的には「FromHDDtoSSD」というHDD・SSDの状態をチェックできるフリーソフトで、やっとSSDに不良セクタがあるのがわかりました。

みなさんも原因不明のCTDが起きている場合は、一度FromHDDtoSSDを使って、HDD・SSDのチェックを行ってみるといいかもしれません。調べる方法はスキャンするHDD・SSDを選んで「完全スキャン」を選択するだけなので簡単です。

FromHDDtoSSD 1
左下で調べたいドライブを選んでから「完全スキャン」をクリック。大容量のHDDの場合は結構時間がかかります。

続きを読む

Attribute/Skillの攻撃力・防御力への影響

Vanillaだと伸ばす能力が割とアバウトでも戦えますが、OOO・TIEなどの高難度MODだと伸ばす能力を選ばないと段々厳しくなっていきます。

近接・弓系キャラは攻撃力・防御力が大切になりますが、それらに影響を及ぼすStrength・Skillなどが実際にどれくらいの効果があるのかを詳しく知らなかったので、改めて調べてみました。

続きを読む

MGEのような3DエフェクトがOblivionでも使えるようになるかも?

Oblivionのフォーラムを眺めていたら興味深いニュースと動画があったので紹介したいと思います。

YouTube Crepuscular rays test for TES 4: Oblivion

Textureを使った擬似的な光芒(光のすじ)とは違って、リアルタイムで光芒が表現された美しい光景になっています。

これは前に紹介したMorrowindのMGEというグラフィック強化ツール用に作成された「Godrays」のShaderをOblivionに適用したテスト動画だそうです。
MGEではこのGodraysの他にも、被写界深度、SSAO、水をリアルにするものなど、グラフィックを大きく強化するShaderが使えます。

こうしたエフェクトを3Dゲームに使用するために必要になるのが「Depth Buffer」という値なのですが、Morrowindと違ってOblivionではこのDepth Bufferの値がわからなかったため、こうしたエフェクトをOblivionに使うことが出来なかったそうです。

が、つい先々日に「OBGE」の作者さんがOblivionでのDepth Bufferの場所を発見しました。

http://www.bethsoft.com/bgsforums/index.php?showtopic=1045352&view=findpost&p=15183479

続きを読む

Wrye Bash /Mashのダウンロード

現在のところWrye Bash/Mashの公式ページ「http://wrye.ufrealms.net/」がアクセス出来なくなっているようです。TESNにもツールがアップされているので必要な方は下のページからダウンロードができます。

Wrye Bash

Wrye Mash

Home > 雑記・その他

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Linkについて

トップ・各ページへのリンクはご自由にどうぞ。

Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。